タグ:練習用

昨日は所属する模型サークル「鳶色の会」https://tobiiro.jimdo.com/

の例会のため仕事が終わってから一路大阪へ向かいました。

先日の静岡ホビーショーで出展した作品の引き取りも兼ねていましたので何とか晴天を願っていたのですが道中は豪雨もあり、スリップ事故渋滞にあったりとお天気には悩まされました。

なかなか例会には参加できないのですが、行けばやはりためになることが多いです。

ここでしか得られない情報、ここでしか話せない丸秘話(笑)など。

    あ~~~、言いたい(爆)。

今日はせっかく行ってきましたのでこんなお土産画像はいかがでしょう?

これは会の創設メンバーであり、まとめ役の「鳶色2号」さんの作品です。

どーーぞ!。

イメージ 1

イメージ 2

スマホ撮影なので画像の質はちょっと落ちますがご勘弁ください。

どうでしょう?この見事な波。

鳶色2号さんは徹底的に波の表現にこだわる職人モデラーさんとして艦船模型スペシャルでもその技術は大きく取り上げられています。

船の大きさ、速度、進行方向などによって艦首波や航跡などに変化をつけておられますので、見る者は「う~~~~ん」と唸って納得するしかありません・・・。

上の作品は駆逐艦「雪風」で、その作品タイトルはズバリ。

    「取舵 」  です!
イメージ 3

大きく左へ転舵する駆逐艦の躍動感に感動しますね。思わず写真を撮らせていただきました!

さて毎日、雨雨雨・・・。

エアブラシを使う機会が限られてきて作業が進みませんねー。

そんな中、なんとか隙間を見つけて建屋を一軒塗装しました。

イメージ 4

イメージ 5

この窓の表現ですが、さすがにレーザーカットの威力。

これは手作業では絶対に無理です。

こんなスグレモノが安価で手に入るのは嬉しいですね!

和巧さんの「紙創り」シリーズの起重機です。

これは素組状態です。
イメージ 1

これだけでも十分な存在感ですが、さすがにこのまま使うことは出来ません。

そこで・・・塗装しました。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ジャーマングレー、ダークシーグレー、ダークアース、つや消しホワイトなどを順次重ね吹きして仕上げました。


では・・・見上げてみますよ。

ほい。

イメージ 5

1/700なのですが、一瞬スケール感覚を失いますねえ。

隼鷹とはこんな感じでコラボさせる予定です。
イメージ 6

いい雰囲気です。さらに続けます。

現在午後4時。

今は夜間の勤務中心なのでそろそろお風呂に入って寝なきゃ。

おやすみなさいです。


暑いですね

涼み目的でコンビニに入ったら美味しそうなスイーツを発見。

自分の分だけ買うといろいろ問題が有りますので(笑)、奥さんの分も合わせて2種類買いました。

イメージ 1

ファミマの一番人気だそうですよ。

フタを開けるとこんなん。
イメージ 2

これは・・・・めっちゃ美味いっす

コンビニスイーツ、最強ですね。

さて、忙しくてなかなか思うように製作が進まないのですが今日はベース台を少々いじってみました。

ホームセンターで買った木材を組み合わせて作りました。
イメージ 3

4種類くらいニスを持っていますが今回は気分的にこの色に決定!

イメージ 4

内側もきちんと塗ります。
イメージ 5

落ち着いた良い色で個人的には気に入っています。
イメージ 6

そろそろピッチを上げたいですね~。

船渠の大枠が完成しました。

イメージ 1

イメージ 2

塗装でどのように工夫するか・・・じっくり考えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて話は変わります。

実はこの「隼鷹、解体ジオラマ」は自分にとっては珍しい1/700の作品です。

廃棄予定だったキットをもったいないと思ったのがきっかけです。

船体しか使っていませんので結局その他の部分は廃棄になっちゃうんですけどね(笑)。

それはともかく、せっかく作るのだから何かモチベーションを上げるものが欲しいと感じて目標にしたのがあの
     
     ピットロードコンテストだったのです。

ところが・・・。

なんと今年に限って「中止」とな・・・。

29年も連続開催してきたらしいです。そして初めて参加しようと思ったその年に。

せめて参加賞でも貰えないかと思っていたんですけどねえ(笑)。

ああ~~、ちょっとガッカリ。残念です。

でも乗りかかった船(正確には壊しかかった船ですが)ですので最後までキッチリ製作は続けようと思います。

思えば地元、明石で開催されていた「明石プラモデル甲子園」も、次こそ参加するぞ!と意気込んで一年掛けて製作したものの3回目から中止となりました。

ちょっと凹んでいるけんちっくでした・・・。それではまた!!




これは前回の作品レイアウトの写真です。

イメージ 1

この画像の埠頭部分は構図を見るための厚紙です。

これをプラで作り変えて高さを出して立体化します。

イメージ 2

さらにプラ棒を敷き詰めて。
イメージ 3

フタをします。
イメージ 4

フネはドックゲートギリギリですが何とかこのように収まります(笑)。
イメージ 5

さらに続けます。

↑このページのトップヘ