特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

カテゴリ: 1/300 龍鳳

船体の後半部にある4本のマスト、これを作っていきます。

さて例によって0.3mmプラ板を加工して~。
イメージ 1

ハシゴを作ります!
イメージ 2

これを4本作ってマストに取り付け。
イメージ 3

実はこのハシゴ、本当はちょっとオーバースケールなんですよ。

あと30%小さく作りたいんですが技術的に無理です。

でも、だからと言って付けないとなると何か貧弱なマストになってしまうんですね。

ここはオーバースケールというマイナス点を差し引いても、メリットの方が大きいと判断して取り付けることにします!

そしてさらに伸ばしランナーで作り込み。
イメージ 4

塗装して仕上げます。
イメージ 5

もういっちょ!!
イメージ 6

反対側の2本も仕上げないといけないし、これらのマスト間を張り線で繋いでいかないといけません。

やろうと思えばいくらでも作業は尽きません。

スクラッチって止めどころが難しいですね。



せっかくだからこんな風にしたいのです。
イメージ 1

この赤丸の部分が車輪止めと飛行機を甲板上に固定するワイヤーです。

何とかこれを模型でも再現したいですね。

やってみましょう!

車輪止めは1mm角棒を切り出します。
イメージ 2

とりあえず何機分かは出来ました。嬉しいです~。
イメージ 3

細いなあ。見えますか?
イメージ 4

イメージ 5

鶉野飛行場レポートの続き、アンビリバボーな出来事は現在下書き中です。なかなかまとまりません(笑)。
今少しお待ちください。

さてメインマストは完成しましたが、船体後半部にはあと4本の起倒式マストが有ります。

これを製作、取り付けに入りたいのですが、それをやってしまうと後から艦載機を固定する時に確実に障害になってヘタすると折ってしまう可能性が大です。

そこでまず先に艦載機の固定をやってしまう事にしました。

久しぶりに艦載機をケースから出してみました。

そして飛行甲板に並べてみたのですが・・・。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

久しぶりに見ると自分でも良くこれだけの飛行機をスクラッチしたなあと思いますね。

なんか他人事みたいに思えてきて不思議。

固定前に全てのの艦載機にアンテナ線を取り付けるべく作業中です。


この姿を見るとラストスパートに入ったなあと実感しますね・・・。

メインマストに少々追加工作です。

また張り線を取り付けました。

微妙な力加減が必要な作業です。肩がこりますね・・・。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


イメージ 5
イメージ 4

メインマストを途中まで作りました。

ちょっと時間が足りませんでしたので後半はまた次回で。

まずは真鍮線やプラ棒で基本形を組みます。
イメージ 1

塗装します。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

後半ではさらに細かいパーツを取り付けて完成させますよ。

↑このページのトップヘ