カテゴリ: その他・過去作など

さて「模型の絆展示会」の二日目のレポートです。

この日は初日に所用で欠席されたジャックさん友井師匠も参加されました。これで強力なメンバーが揃いました。

台風が近いせいかとにかく朝から暑い

会場内のエアコンでは足りないのでこんなものも用意されました。

ルームクーラー ALPS!
・・・の模型(笑)。

KIMG0336

スイッチは入りますが・・・「ウイ~~~ン」とモーターの音だけ・・・。

雰囲気だけでも涼しくなりましょう。

さてこの辺はジャックさんの作品です。

IMG_5569

基本的にジャックさんはゼンマイで走らせることにコダワリを持っています(笑)。

このへんの作品も一度後ろに引いて手を離せばトコトコと前に走り出します。やりたいけど壊したらマズイので怖い~~~。でも横一線で走らせて順位予想して遊びたいとは思う。

で、いよいよですが友井師匠の今年の展示作品です。今年は完成品は無く、現在製作中の1/200「鬼怒」を持ち込んでくれました。(白い船体の上側です)

KIMG0345

既に艦首部分はここまで進んでますね。

KIMG0340

さらに魚雷発射管!!

KIMG0339

ここを先に作らないと先に進めないのでという事ですがフタ(左側の格子状の板)をすればほとんど見えなくなります。特に内側の発射管2本は完全に死角です。それでも徹底工作するところが師匠なのです。

先が楽しみになりますね。

屋根裏部屋の男さんはこんなものを持ってきてくれました。
25㎜連装機銃です。

KIMG0338

1/35の三連装機銃を大改造して連装に変更しています。言うのは簡単ですけどこれはかなり大変な作業ですよ。戦時中「鶉野飛行場」に設置されていたという史実に合わせているようです。

また昨日はサラッと流しましたが屋根裏さんの紫電改の横に置かれたフィギュア。

KIMG0342

これも実際の写真を参考にフィギュアを改造してこのようなポージングを付けています。

知らなければ流して見てしまいますが、知ってると本当に苦労がよく分かるんですよ。

あ、昨日の記事に登場された鉛筆画家の永井宏樹さんから展示会終了後にこんな嬉しいプレゼントを頂きましたよ。

IMG_5580

空母「蒼龍」から発艦する零戦です!めちゃめちゃカッコイイです!!

サインまで頂いて大切に部屋の壁に貼らせて頂きました~。ありがとうございます~!

まさかまさかでしたので嬉し過ぎます。

なお、永井さんはこのような機械的な物だけではなく人物画も抜群で顔写真一枚からその人の特徴を捉えて素晴らしい似顔絵を仕上げられています。やはりコツと言うのが有るそうで・・・凄いわ。

そんなお話をしていたら友井師匠が「ワシの顔って描きやすいほうかな?」と。

永井さん「まあ描きやすいと思います・・・」

師匠
「ワシ、遺影は写真やなくて絵にしよかなあ

まあ、その場の一同は笑うしかないのですが、師匠・・・
リアルなジョークはやめてください・・・。

さて、さらに地元明石でご活躍されている漫画家・イラストレーターの曽山舞さんにもご来場いただきました!以前に他のイベントでお話させて頂いて今回の展示会にご招待させて頂いたというわけです。

模型の説明をさせて頂いた後はいろいろと興味深いお話をさせて頂きました。

そして、しっかりサインを頂きました!!なんとイラスト付きで!!!

曽山さんの描かれる人物たちの優しい笑顔が良いんですよね・・・。

IMG_5581

こちらも永井さんのスッバラシイ零戦画と並べて部屋の壁に貼らせて頂きました~~。

本当にありがとうございます!!

さて今回もいろんなことがあった展示会ですがそろそろお開きとなりました・・・。

KIMG0343

毎回の事ですが、展示会は搬出時が寂しく感じますね。名残惜しいです・・・。

また来年ですね、それまでまた頑張ろう。

というわけで一階の喫茶で打ち上げです。ここは当然ケーキセットでしょ!!

KIMG0347

ここではもう爆笑話の連発で腹痛い(爆)。

まあ・・・ここに書けるような内容ではないんですけどね。

ということで本当にここでお開きとなります。どうぞ皆さん気を付けて帰ってね。また元気な顔で再会しましょう!!

以上、模型の絆展示会2022のレポートを終わります。

今回せっかく「けんちっく目当て」でお越しになられたのに私が食事中などでお会いできなかったお客様が何人かいらっしゃったようです・・・。本当に申し訳ございません、そしてご来場いただき心からお礼申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~~~番外編~~~

さて、ここからは番外編です。展示会とは一切関係ありませんので興味のある方のみお読みください(笑)。

実は昨日の展示会レポート初日編を読まれたご来場客の方からメールを頂きました。

例のマッハトリガーについて「とても懐かしいです!」との事でした。

23


私はマッハバロンについてそれほどよくは知らないのですが、シブチョーISHIIさんからこのような動画をご紹介いただきましたので宜しければ皆さんもこちらをご覧ください。



この動画を見る限りボンネット上のミニマッハバロンは、こんなにはデカくはないようです。

25

プラモなのでかなり大げさに作っているようですね。そりゃそうだ、これは邪魔過ぎる(爆)。

これほど凄そうなマッハトリガーですが何故かオートコントロールされているようです。

・トンネルを走り抜ける
・格納庫に入る
・車ごとエレベーターで最下層まで降りる
・同時にハッチが開き、寝ていたマッハバロンが自動的に起き上がる
・バロンのつま先が開きスロープが出て車ごと侵入する
・車の向きが180度回転して上部のハッチが開く
・ドライバーだけがシートに乗った状態でバロンの頭部までエレベーターで昇っていく
・終点まで付くとそこがマッハバロンの操縦席である

という実にややこしい方法でやっとのことで主人公はマッハバロンに乗り込みます。

疑問に思いました。何故、寝ているマッハバロンをわざわざ立たせるのでしょうか???
こんなことをするから要らぬ手間が増えると思うんです。

それよりは、寝ているバロンの頭部の近くに車を停めて普通に運転席のドアを開けて歩いて頭部のどこかの扉から入れば一番簡単だと思うのですが・・・。

さらに・・・。
・怪しそうな博士が変な椅子に座って指示を出す
・初めて乗り込んだのにメインスイッチがすぐわかったようである
・原発作業員みたいな人がレバーを上げると透明のパイプが下りてきて注水が始まる。
・満水になったら足の裏からロケット噴射で海面上に飛び出す・・・。

というこれまた時間のかかりそうな作業を繰り返しています。

これでは緊急出動は絶対不可能です。

わざわざ海底までいこうとするから手順が増えるので、初めから地上に設置した方が良かったのではないでしょうか?

その辺りの事をシブチョーISHIIさんに聞いてみたところ・・・。

「まあ、これがカッコ良かったんだな」との事。

効率よりもカッコ良さが優先された時代、ええなあ

すみません、どうでも良い話でした。

0e6e550f






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

9月17日(土)~18日(日)の日程で「模型の絆作品展示会2022」が開催されました。会場は例年通り「浪漫珈琲倶楽部神戸館2F」です。


IMG_1372

今年は去年のような企画展は有りませんがメンバーが各々新作を含む力作を持ち寄りましたよ。

それではまず飛行機から。

1

これはエーギル君の作品なんですが話題の「TOPGUN」からという事でお客様の食い付きも良く大好評でした。


3

小さなトム・クルーズもいます、良く見えないけどめっちゃ似てます。またこのバイクがとにかく精巧で驚きましたよ。


3a

今年も魅せてくれますゲスト参戦「屋根裏部屋の男」さんの紫電改!

2

次はクルマ&バイクです。
シブチョーISHIIさんによる作品群です。一見普通にキットを組んだものに見えますが実は古いジャンクに近いパーツを荒業で修正して立派な作品に仕上げたものです。どのような荒業かと言うと・・・ああ・・・言いたい(笑)


4

他にも今回はクルマが充実!!

5


6


7

ガンプラはハイレベルな作品が充実しています。悲しいかなあんまり詳しくない私はお客様に質問されたらソッコーで作者のラッキーさんを呼びに行くのでした・・・。


8


9


10


11

そして艦船。これは私の作品です。多くの方に見て頂いてありがとうございます。ここはスルーしましょう。


12

これだけはヤマトさん製作途中の船体スクラッチの戦艦「土佐」。

13

着実に進歩してます。来月の合同展示会にはもっと進行しているでしょう、楽しみです。ヤマトさんは知りませんが2日目登場の友井師匠が手に取って表から裏から目を皿のようにして入念にチェックしていました。ドキドキしましたが
「うむ・・・」とか言って頷いていたので合格のようです。ヨカッタね、ヤマトさん(笑)。

こちらは小さくてかわいい作品ですが屋根裏部屋の男さんのレジンを使ったアート作品です。

13a

離水する宇宙戦艦ヤマトや座礁して朽ち果てる空母など、いつ見てもセンスのある作品です。とても真似できないわ。

これは~~艦船模型なのかどうかでプチ議論となりましたタコムの「1/72戦艦大和の主砲。なんか迂闊に立っていたら後ろから撃たれそうなほどの存在感が有りますね。


14

で・・・今回の裏目玉と言うべき商品なんですが、それがこの1/200戦艦大和のキット。オーナーはもちろんヤマト総帥です。あまりにバカでかいこのキット、お値段もバカモンの値段です。


15

第一、一人では箱さえスムーズに開けられないというシロモノです。なんとか二人掛かりで箱を開けるとマトリョーシカのごとく何重にも小箱が出てきます(笑)。


16

やっとのことで船体を取り出しましたよ・・・。

甲板もこの異様なデカさ。ニチモのようなネジ止めでもなさそうなのでやっぱりこれは流し込み接着剤で取り付けるしかなさそうです(ウソやろ)。


17

写真では大きさが伝わりにくいのでエーギル君に持ってもらいました。彼はかなりの高身長なのですがそれでもこの長さです。ヤバいよね。


18

次は寝てもらいました・・・。

向こう側に有るのはニチモの1/200大和の箱です。


19

この時のエーギル君は至福の一時だった様子で「このまま死んでもいい」状態でした。

そんなことして遊んでいるうちにお客様で一杯になってきました。お昼前あたりからは常に多くのお客様でにぎわうようになりいろんな方とお話しすることが出来ました!


20


21

お客様とのお話のきっかけ作りにとても有効だったのがこの永井宏樹さんによる鉛筆絵画作品の数々・・・。


22

写真を模写したものではありません。模型飛行機などをサンプルに構図を決めて背景画像を描き足していくという感じだそうです。私には理解を超えたものですのでひたすら大口開けて「ほえ~~~」と見るしかありません。ホント私の周りは(いろんな意味で)凄い人ばかりだわ・・・。

今回私がなんかツボにハマってしまったのがコレ。

マッハトリガー!!


23

シブチョーISHIIさんの持ち込みなのですが昔の特撮番組「マッハバロン」に登場するクルマですね、こういうプラモは良いですねー。

箱絵でも分かりますがクルマのボンネットあたりからミニマッハバロンが飛び出します。カタパルトも何も無しでいきなりロケット噴射して飛んでいくんですが、逆に言えば発射前までは運転席の目の前に鎮座しているという事ですよね?

   これは・・・邪魔だわ(笑)。

模型ではこのギミックが再現されています。予想通り案の定というかスプリングを使います(笑)。


24

おそらくそんなに飛ばないと思ふ(爆)。

プラモはこんな感じですよ!!シブチョーISHIIさんは大マジメに作ってくれているので笑いをこらえつつ真剣に拝見させて頂きました(プッ)。


25

以上で初日のレポートを終わります。

明日は二日目(最終日)の様子をお送りしますね。

それではこれから夜勤どすえ。

0e6e550f






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

いよいよ 明日、明後日と「模型の絆」展示会が開催されます。

というわけで今日は搬入日。

最終の作品チェックを行いました。

IMG_5517

手前から
「千代田」、「蒼龍」、「隼鷹」となります。

IMG_5520

今年はこの3隻による機動部隊で出陣です!!

いずれも1/350ですのでなかなかの存在感ですよ・・・。

チェックも終わったので箱詰めしました~~。

IMG_5521

無事に搬入も終えて今、夕食を済ませてちょっと一息ついています。

さて~~そろそろ夜勤に出動です。

夜勤を終えたらそのままの流れで展示会に突入です。

きついけど楽しい二日間の始まりです(笑)。

IMG_1372

0e6e550f






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

展示会まであと少し。

昨日と今日は「隼鷹」の専用箱を作っています。

裸で持って行くわけにいかないからね~~。

ホムセンで買ったダンボールをカットしたり張り合わせたりしてここまで出来ました。

IMG_5413

OKだす~~。

あとはフタを作って取り付けたら完成ね。

明日には終わらせよう。ちょっとでも艦載機作りたいので~~(笑)。

IMG_1372

0e6e550f






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

いよいよですが今週末、「模型の絆展示会」が開催されます!!

67e91d3e

昨年、一昨年もコロナ禍の状況でしたが感染対策を万全にして休催することなく続けてまいりました。

そして今回も例年通り「浪漫珈琲倶楽部神戸館」での開催が間近となってきました。
〒674-0094 兵庫県明石市二見町西二見157−112)


そのために隼鷹の製作を優先してきたのですが、結局艦載機の製作は間に合いそうにないのが残念です。

今年の私の出展予定作品は以下の通りです。

・1/350 空母「蒼龍」フルスクラッチ

21

・1/350 空母「千代田」フルスクラッチ(艦船模型スペシャル 85号掲載作

d5790552

・1/350 空母「隼鷹」ハセガワキット改造 現在製作途中

7125f34c

・1/700 空母「アークロイヤル」アオシマキット 現在製作途中

c8c6a067

以上4点ですね~。

艦船模型好きの皆様にぜひご覧頂きたいと思っています。

ゲスト出展としては私のお師匠さんである
「友井保男」師匠も例年通り参加されます。今年は都合により一日だけの参加のようですが、製作中の1/200 巡洋艦「鬼怒」をご持参いただけるそうです。

またこちらも例年通り
「屋根裏部屋の男」さんも参加予定ですよ。出展作品は・・・聞いてない(爆)。まあ当日のお楽しみという事で(笑)。

さらに昨年好評だった鉛筆画家
「永井宏樹」さんの鉛筆絵画作品も展示されますよ。

昨年のサンプルを少々ご紹介します。

3

image1 (1)

image1

さあ、今年は新作が見られるでしょうか?ご期待ください!!

という訳で今年も模型の絆メンバー全員が力作をご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

それでは会場でお会いしましょう(笑)。

IMG_5411

0e6e550f






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

↑このページのトップヘ