特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

カテゴリ: その他・過去作など

では続きですよ。  その1に戻る

こちらは常連となりましたシブチョー石井さんのカーモデル。

古いキットをあーしてこーして仕上げていくそうです。

シンナー風呂は健在のようです。

ishii001

そんなシブチョー石井さん、渾身の作は車・・・ではなくエアコンモデル(笑)。

ishii002

ちょっと暑かったのでスイッチオン!

なんか・・・微妙な風が吹いてきました(爆)。

で・・・今回唯一の鉄道模型。キハ52型

ゲスト参加の新海様の持ち込み作品です。

いい味出してますね。車体はボール紙からのスクラッチだそうです。凄い!
kiha52

さてさて今年もやってきました、私のお師匠さんでる友井師匠(右側)
tomoi001

毎年少しづつ変貌を遂げる1/200 スクラッチ巡洋艦「三隈」!!
tomoi002

今年はさらに進化。完成度95%だそうです。ほとんどのお客様の目をくぎ付けにしていました。

やはり作り込みの度合いが変態的です。なにもここまで・・・というレベルですよ。
tomoi003


そんな友井師匠、今年も持ってまいりました公式図面(笑)。

これは1/100空母「飛龍」と巡洋艦(なんだっけ?)の図面です。
tomoi004

みんなで寄ってたかって「これ何?」みたいな・・・。
tomoi005

あまりにデカすぎて1/100が実感しづらいので高身長のエーギル君に寝てもらいました(爆)。
tomoi006

「これでけんちっくさんの新作が決まったな」とあちこちから声が出ますがとんでもありません。

1/100の空母「飛龍」とかどうやって作れと・・・。

「まず家を買わないと」「無理なら作業小屋を建てないと」「運ぶのに大きな車も買わないと」「ヤマトさんのハイエースなら車の中で作ってそのまま運べるぞ」などと皆様から忌憚のない意見をいただきまして(訳:無茶苦茶言いやがって)ちょっとその気にならなくもありませんでしたが(笑)。

まあ、いずれ1/350くらいで作るときにお世話になりましょうか。(現行キットが有るけどなあ・・・)。

さてついでに私の持ち込み作品を・・・。

まず1/700 解体隼鷹

tos001

新作1/350 空母千代田 フルスクラッチ

tos002

製作中の1/700 雲龍 フィリピン輸送作戦
tos003

1/144 詫間海軍航空隊 二式水戦と二式大艇
tos004

んで、こちらがヤマト総裁の大和(1/450)

あえて無塗装です。本来エッチングで補うべき部分をすべてプラ棒などで再現してます。

プラ棒が白なのでエッチングの金色よりもお上品です。
yamato001

そして1/700戦艦群。

機銃、対空砲フル装備の大和のようなのは「浮沈戦艦 紀伊」がモチーフだそうです。
yamato002

そしてこれがヤマトさん所蔵のレアキット群。

お客様には自由に箱を開けて楽しんでいただきました。

せっかくどれでも1個100円って言ったのに誰も信じてくれませんでした(笑)。
yamato003

こうして二日間の展示会は無事に終了しました。

最後は会場の神戸館で時間の取れるメンバーさんで打ち上げです。

今回の総括や来年への抱負など・・・・の話は一切無く・・・。

1/1戦艦大和の艦橋を作ってそこに住んだらどうなるか?などのおバカ話などで盛り上がって終了です(笑)。

それにしてもこのスイーツは最高でしたよ。めっちゃ美味いと超えていました。

エーギル君はよほど気に入ったのか二日連続で食ってました・・・。

皆さんまた来年も頑張りましょう。

かれー2

最後になりますが、今回なんとか無事開催できましたのも、ご来場いただいたお客様の感染症対策へのご協力があったからこそだと思います。出来ることには限りがあるかもしれません。コロナウイルスの拡大も先が見えません。来年またどうなるのか状況を見ての判断になると思います。今回の開催で反省すべき部分は反省し来年に活かしたいと考えております。

9月26日(土)、27日(日)の二日間、プラモデルサークル「模型の絆2020展示会」が開催されました。

前日の金曜日に搬入 → そのまま夜勤突入 → 翌日朝、仕事を中座して会場で最終チェック → 仕事に戻る → 帰宅して会場へ直行!・・・という超タイトなスケジュールをこなしてなんとか仲間たちと合流しました。

ここから先は何が初日で何が二日目の事かわからなくなりましたので順不同で2回にわたってレポートします。

展示会場はすっかり我々のホームグラウンドとなりました「浪漫珈琲倶楽部 神戸館」です。

1

入り口前には展示会のポスター!

2

会場は2階です。入り口前で手指の消毒をお願いしました。
001

スタッフとお客様は全員マスク着用、会場の窓は全開、そして密を避けるための控えめな告知など、出来る限りの感染症対策を取らせていただきました。

それでは来られなかった皆さまのために展示作品をご紹介します。

まず今回の企画展は1/144スケール大集合ということですのでこちらの卓からです。

14401


14402

ヤマトさんやえーギル君の作品が並びます。

さらにLucky13さんらのガンプラ!

14403

完成度が高いんですよ。好きな人にはたまらない、かなりの注目を集めていました。

私もガンプラキット一つ持っているんですが、なかなか手が出せません。

普段スクラッチやってるくせにキットを見ると尻込みしちゃうんですよね。

だって1/144とはいえ恐ろしい数のパーツ量なんですよ。さらに細かすぎるインスト。

作ってみたいとは思いながらどうも勇気が出ません。いずれ・・・必ず・・・。


agir001


agir002

こちらのフォルクスワーゲン2台はエーギル君の作品。なんと製作動画も上がっています。どうぞ見てやって下さい。
https://www.youtube.com/channel/UC6_OrgV2w1t5sEoaKbfVBbg


エーギル君、こちらのグッピーは製作中。完成楽しみにしてますよ。好きなんで。
agir003

さて、ここからは今回も参加していただいたゲストモデラー「屋根裏部屋の男さん」の作品をご紹介します。

まず1/144企画展用に持ち込んでいただいた US-2ジオラマ

波荒い海で救助活動する飛行艇です。海面表現が凄い。

ashida001

さらに陸戦型ガンダムジオラマ

椰子の葉は「お~いお茶」の外装フィルムを切り刻んだものだそうです・・・。
ashida002

さらに「追憶 山本五十六」ジオラマ
ashida003

過去と現在の山本長官機を前後二分割方式で同時に再現した逸品です。

これは写真では伝えきれませんね。実物を見ていただきたいです。本当にリアルの境地ですよ。

最後に「紫電改 川姫730」ジオラマ
ashida004

姫路海軍航空隊所属の紫電改をその搭乗員と整備兵とともに再現した作品です。

ベースは鶉野飛行場のエプロンを表現したものだそうです。

古いキットで大変だったそうですがさすがにソツなく仕上げられていますね。

私の作品「最後の二式大型飛行艇」と「US-2」を並べてみました。
ashida005

戦時中「川西航空機」として二式大艇を生産していた企業が現在の「新明和工業」です。会社の名前は変わってもその技術が確実に受け継がれているという事がよく分かります。

二式大艇とUS-2は兄弟なのです・・・。

そうそう、話はちょっと戻りますが一式陸攻といえばこれなんですが。
ashida006
今年1月、鶉野飛行場跡で開催され、私も模型展示協力で参加させていただいた「映画 アルキメデスの大戦」&「怪鳥の島」展 講演録。

屋根裏さんはこの書籍の編集をされており、イベントなどでも好評発売中のようでこの展示会にも見本をお持ちいただきました。

私もプロジェクト代表の方のご厚意により一冊手に入れることが出来、さっそく読み始めたのですがこれは・・・面白い!

主に講演会の内容が書き起こされたものですが今も島に眠る山本長官搭乗の一式陸攻の徹底的な調査報告や映画アルキメデスの大戦でCGのモチーフになった戦艦「大和」模型の制作秘話など興味あるお話が満載で、飛行機や戦艦にはちょっと知識の薄い私でも「へー、ほー」という感嘆符がいっぱい出てくる内容です。

これは・・・安いですよ(笑)。みなさん機会が有ればぜひお求めになってはいかがでしょう?

こちらは会場である神戸館の店長さんらが作られたバイクの模型です。
IMG_2642

ヤマトさんからの製作ノルマ(?)に応えつつ、店長さんも連続参戦されてますねー。バイク模型は細かくて繊細ですが色鮮やかなので奇麗です。

戦車はこれ一台・・・。人気ジャンルだけにちょっとここが弱点かも。AFV関連の充実が求められています~。
IMG_2644

こ・・・これは。期間中ずっと窓辺にたたずんでおられました・・・。

な・・・なかなか気になるもんっす。
IMG_2661

さてお昼ご飯は一階の神戸館に5人で食べに行きました。

ランチメニューは「お魚」か「お肉」でどちらも店長のおすすめです。

でもなんとなく皆オムライスが食べたいという事になりました。私は以前食べたことが有ります。ここのオムライス美味しいんですよ。なので私もオムライスが久しぶりに食べたくなってきました。

しかし残念ながらオムライス用のご飯が切れてしまったとの事・・・。

ここで屋根裏さんが
「じゃ、いいですぅ~~~」Airペイ風)と一蹴したので「じゃ、僕らもいいですぅ~~~」となり結果的に第2候補のカレー(これもウマイ)に決定!!

すかさず店長さんに「ランチが良かったんですけどねえ」と返されてしまいました(爆)。

そこは店長さん、「よかねえよ」と返さないと(笑)。
かれー

美味しいカレーでした。ごちそうさまでした。


        
~その2へ行く~~






今週26(土)、27(日)に迫ってまいりました「模型の絆展示会」

今日は出展予定作品を久しぶりに箱から出して総点検を行いました。

細かい部品や張り線の脱落などをチェック。

ほとんど問題はありませんでしたが、フィギュアがグラグラしている箇所が有りましたのでその部分の補修を行いました。

せっかくですので出展予定作品(5点)を集めてみました。

IMG_2618

IMG_2619

IMG_2620

IMG_2621

二式大艇と空母「千代田」はこの展示会がデビュー戦となります。

皆さまの反応が怖いです(笑)。
展示会

ここで朗報です。

一度は事情により今回は不参加とお聞きしていました私のお師匠さんであります友井保男氏の参戦が決まりましたのでお知らせいたします。

ご都合により27(日)だけのご参加となりますが、これは嬉しいですね!

予定作品は1/200フルスクラッチ 巡洋艦「三隈」です。現在完成度95%ということですので久々に拝見できることをた楽しみにしています。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。


いよいよ今週末26(土)~27(日)、私が所属する模型サークル「模型の絆展示会」が開催されます。

展示会

今回はいろいろと制約が有りますので上記ポスターの注意事項をよくお読みになった上でどうぞご来場いただきたいと思います。

今回、私は以下の作品を出展予定です。

1・詫間海軍航空隊 1/144 二式水戦ジオラマ
二式水戦

2・詫間海軍航空隊 1/144 最後の二式大型飛行艇
二式大艇

3・1/350 フルスクラッチ 航空母艦「千代田」
千代田

4・1/700 戦後解体される 空母「隼鷹」(艦船模型スペシャル 76号掲載作品)
f38dc48c

5・1/700 輸送空母「雲龍」(製作途中段階)
雲龍


以上、5点を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします。

テーブルには名刺も置いておきますのでどうぞ自由にお持ち帰りください(笑)。
名刺


今回はさらに特別ゲストが参戦します。

私の模型仲間であり、友人の屋根裏部屋の男さんです。

屋根裏さんにも自信作を数点ご持参いただきますので、この機会にどうぞじっくりじっくり穴が開くほどご鑑賞ください(爆)。


それではあと数日になりましたが皆さまどうぞよろしくお願いいたします。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

本日は製作はお休みです。

暑すぎて頭ポーン状態ですので無理せず小休止です。

録画したドラマ『私の家政夫ナギサさん』でも観よう。

いや、その前に今日はお知らせが・・・。

早いもので今年で第4回目の「模型の絆」展示会の開催が決まりました。
IMG_4478

日時 : 2020年9月26日(土) 10:00~16:00
     2020年9月27日(日) 10:00~16:00

場所 : 浪漫珈琲倶楽部 神戸館2F
     
兵庫県明石市二見町西二見157−112

となりますが、今年はいろいろと制約がございますので以下の事にご協力お願いいたします。

・感染症対策のため必ずマスクを着用してご来場ください
・体調不良の方の来場はご遠慮ください
・期間中に兵庫県内に緊急事態宣言が出た場合は中止となります。

さて今年の企画展示は「1/144スケール模型大集合」です。
確か去年の展示会が終わった日にヤマトさんが「来年は144でいこう」と宣言してたのですが、まさか本当に実現するとは・・・。なかなか有言実行だなあ。

まあ、そういうこともあろうかと思って準備はしていました。それがこれ!

詫間海軍航空隊 最後の二式大型飛行艇
no title

ついでに二式水戦バージョンもオマケだよ!
1
私はこの作品で勝負(?)します。

そしてもう一つの企画は今年も懲りずにやるようです「ヤマちんの小部屋」。
今年はどんな逸品、珍品が見られますか?ヤマトさん、期待してますよ。


さらに新作の1/350 フルスクラッチ 空母千代田も参戦!!
3

そして出来れば現在製作中の1/700 空母雲龍もデビューさせたいですねえ。
IMG_6231

コロナウイルスの感染状況次第で流動的な部分もあり例年通りにはいかないところもあるかもしれません。でも今年は大きな模型イベントは軒並み中止になりました。そんな中でわずかな作品発表の場として私も楽しみにしています。

今後定期的にお知らせしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。





↑このページのトップヘ