カテゴリ: その他・過去作など

明けましておめでとうございます。

旧年中お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。
また本年もどうぞよろしくお願いいたします。

黙って作っていれば良いのですが(笑)、宣言することによって自分に気合が入りますのであえてここに2023年、今年の抱負を少し残しておきます。

これは年頭のご挨拶のただの背景画像ですので無関係です(笑)。過去作を適当に引っ張り出して繋げてみました・・・。

9d11e6db


まず何と言っても現在メインで製作中の1/350空母「信濃」を完成させることが今年の大目標です。3が日休んだらまた製作にかかります。10月頃の竣工を目指しています。

89864c02


これは私が購入した物ではなく、ある事情から私のもとにやってきた97式大型飛行艇(ハセガワ)のキットです。詫間海軍航空隊バージョンということで限定生産らしいのですが、過去作の「二式大艇」や「二式水戦」の詫間基地仕上げを見られて「けんちっくさんに」ということで頂くことになりました。

IMG_6891


1/72の飛行艇という事で非常に大きいのですが、このキットもそろそろ今年中には手を付けたいと思っています。もちろん作るとなると詫間の海を含めた情景模型という事になりますね・・・。信濃の完成後という事になると思いますが飛行機模型のスキルはほとんどありませんのであまり期待はしないでください(爆)。

実は信濃製作の隙間時間に1/700作品を一つ作っています。これは私のある大きな目標として作っているものです。艦首部分だけチラリとお見せしましたが何の船だか分かりますか?

・・・って前にも言いましたよね(笑)。
こちらは非公開で製作を進めていますが、その目標が達成できましたらまたこちらでもアップするつもりでいますのでどうぞわずかな期待をもってお待ちください(笑)。

IMG_6894


それでは本年も1月4日から製作再開して頑張ろうと思います。どうぞ気が向きましたら覗きに来てください。どうぞよろしくお願いいたします。

けんちっく

2022年の活動記録をまとめておきます。こうやって振り返ってみるとそこそこ完成させていますね、感心感心(笑)。それではどーぞ。

2月・・・スクラッチビルド1/350空母「蒼龍」完成。艦艇研究家「畑中省吾」氏の考証協力によるところが大きいです。氏の助けが無ければ完成できたかどうか、感謝感謝です。のちに海外メーカーから1/350蒼龍が発売されたようですが、決して細部の考証では負けない自信が有ります!

2


2月・・・艦船模型スペシャル83号に拙作「空母雲龍フィリピン輸送作戦」が掲載されました。近所の模型店の閉店セールでゲットした格安キットを使って超豪華なアフターパーツで仕上げました。
2a

3月・・・1/700 タミヤ空母「サラトガ」完成。この迷彩塗装をどうしてもやりたかったのです。米空母では一番好きなレキシントン級空母とこれまた大好きな迷彩塗装の組み合わせで大満足の一作です。

IMG_4132


5月・・・1/700 フジミ戦艦「伊勢」完成。私の作品では初の「戦艦」です。友人からプレゼントされたキットでした。もうとにかく自由に自由に楽しく作りました。1/700は専門外ですのでとてもこのクラスの達人の方々には適いません。ですので逆に自由度で勝負です(笑)。

5


8月
・・・艦船模型スペシャル85号に拙作「1/350空母千代田」がまさかの巻頭掲載されました。感謝感謝。意外と好評のようでいろんな方から嬉しいお便りをいただきました。

8


9月・・・所属クラブ「模型の絆」が第5回「模型の絆展示会」を開催。かなり定着してきた展示会になりました。感謝感謝。毎回楽しい仲間と出会えるので大好きな展示会です。あまりに緩い雰囲気で私にとってはオアシスになっています。ヤマト総帥は大変でしょうけど(笑)。

9


10月・・・1/700 アオシマ空母「アークロイヤル」完成。これもまた私にとっては初の英国空母です。とても楽しい製作でした。山口会長の1/350同作をお手本と見本にしてこれはかなり頑張って作りましたよ。お気に入りの一作になりました。

10


10月・・・1/350 ハセガワ空母「隼鷹」完成。キットの設定を大幅に変更して改造改造の連続でした。IFの世界の色が濃い作品ですが脳内イメージにほぼ近い作品になったと思っています。

10a


10月・・・第11回艦船模型合同展示会開催。所属サークル「鳶色の会」が幹事サークルとなって私もスタッフとして参加。もちろん作品展示もしました。凄い作品と面々の中でかなり緊張しましたが無事に終わって何よりでした・・・。

10b


というわけでも健康に一年を無事に乗り切れました。また来年はちょっと大きな目標が有りますのでそれに向かって頑張ります。

2023年もどうぞ艦船模型製作ブログ「特選空母」をよろしくお願いいたします!

12月18日(日)、岡山県の湯郷温泉街にありますあの日のおもちゃ箱 昭和館に行ってきました。前々から行きたかったのですがやっと叶いましたよ。さっそく赤い郵便ポストがお出迎えです。

1

NHKの「鶴瓶の家族に乾杯 」という番組で俳優の市村正親さんも訪れたという事です。たしかにこの佇まいを見ると入りたくなってしまいますよねえ。


こちらが正面玄関ですね。この車はマツダ「キャロル」です。当時の大人気車だったそうです。

2

では早速館内に入ってみましょう。入場料は400円ですよ。この金額が高いのか安いのかは後で分かります。

いやもういきなり驚きです。順路に沿って進んでいくのですがよくまあこれだけの逸品を揃えたものだと。

最初に目に入ったのがこのマジンガーZの人形です。

3

写真では大きさが分かりませんが結構な高さが有ってカッコイイです。昔これを見た記憶が有ります。
確かロケットパンチも飛ぶはずです。そして両足にはミサイルが並んでいたと思いますがこれは・・・紛失しちゃったんでしょうか?

先日水木一郎さんが亡くなりましたね、この前でぜひ
「ゼ~~~~ット!」と叫んでほしかった。

この部屋だけでもお宝がギッシリです、すごいでしょ。

4

今回の目的の一つがこの小松崎茂先生の原画です。先生の作品はプラモデルの箱絵にもなっていて当時の子供たちの購買意欲をそそりました。写真のようにリアルに描くのではなくて特徴を強調して描くことで余計にカッコ良く見えるんですね。

5

この雷電とか良いですね~~。

6

そしてこれです、コレ。戦艦大和と武蔵!!

7

う~~ん、何とも言えないなあこのタッチ。素晴らしい・・・。

戦艦大和と言えば気になるのがこのポスターです。

8

ポスターを貼った後に展示物を置いているため半分隠れちゃっていますが(笑)。

この俳優さんは三浦貴大さんですよね?

で、何でしょうこれは・・・
「戦艦大和のカレイライス」

調べてみると2014年に「NHK BSプレミアム」で放送されたドラマなんだそうです。

み・・・見てない。いや知らなかったし・・・それ以前に知ってても見れないし(爆)。

いやあ気になりますねえ。このドラマ見た方、感想有ればヨロシクです。

このあたりはブリキのおもちゃですね。保存状態もヨシ。

9

手前に有るのはタイプライターのようです。デカいし使いづらそうだし。

10

これもブリキの潜水艦なんでしょうけど、ブリッジの前に有るハンドルは何なのでしょう?

クルクル回すのは確かなんでしょうけど、回したらどうなるのか?これも気になりますね。

11

何しろこういう部屋がいくつもいくつもあります。まるで迷路みたいで部屋を探すのも楽しいのです。

そういう部屋がこの廊下で繋がっていますよ。

12

で・・・突然出てきた定番のオロナミンCの看板。

13

実は昔、篠山市に有った「崑の村」というところで大村崑さんにサインをもらったことがあります。

へえ・・・若い時はこんな感じだったんだ。

それはそうと左下のアタックNO.1も激しく気になりますなあ。

部屋の上の方の棚には価値のありそうなプラモデルが無造作に積まれていますよ。

14

15

こんなのはほんの一部です。皆さん何か良さそうなの有りました?

奥の方には戦艦「三笠」っぽいのも有りますわ。

IMG_6733

この部屋は意味不明(爆)。

ジャンル、時代などバラッバラ。

IMG_6742

ここはボードゲームのお部屋。

ああ~、野球盤とか持ってましたね。兄貴とエキサイトしましたよ。消える魔球は何球までとか勝手にルール作ったりして。

IMG_6744

ただ・・・中央右側にある「
クイズダービーゲーム」がすっごく気になるんですけど(笑)。

これはどういうゲームなのでしょう?プレーヤーは大橋巨泉になるのか、それとも回答者になるのか???

「はらたいらに全部!」という時のはらたいらさんの正解率が異常だったのはなんとなく覚えていますが、それがこのゲームで再現されているのでしょうか?

とても気になりますのでやっぱり持ってた方、情報を求めます(爆)。

ここには古いラジオがたくさんありますね。

IMG_6745

私の実家にも同じようなのが有りましたが、ほとんど全部ツマミが取れていました。それに比べると状態は良さそうですね。ひょっとして可動品?

こういう駄菓子屋さんにはほんの少し記憶が有ります。

強烈に記憶に残っているのは「スパイ手帳」ですね。

あと妙に覚えているのは人差し指と親指を擦ると煙が出る紙とか。

ソフトグライダーも買いましたね。なぜかスピットファイアが一番よく飛ぶんですよ。

メッサーシュミットはあんまり飛びません・・・。

IMG_6747


ここは射的場です。体験したいなら受付に言えば出来るそうです。ちょっと悩んだのですが・・・。

IMG_6748

  銃が壊れているそうです

IMG_6749

あはは~こりゃ残念。次回までに修理しておいてください。

このへんは本物の軍服でしょうか?貴重ですよね~。

帝国海軍の飛行服がないか探してみたのですが有りませんでした・・・。

IMG_6752

さてこの部屋を出ようと思った時に素晴らしい出会いが有りました。

なんと空母「信濃」!!!

IMG_6753

・・・だと思うんだけど・・・。

え?違う?

いや~~~信濃だと思うんだけどな。

ま、いっか。

さらに進みます。一回に降りて入ったその部屋にはこんなものが。

白黒テレビ~~。

IMG_6754

いや、問題はそこではなくあの画面の上に掛かっている透明のシートの事です。

これってひょっとして、あのウワサのアレですか?

白黒テレビの画面に取り付けるだけでカラーテレビに変身するという魔法グッズのアレ???

いやあ、聞いてはいましたけど初めて見ましたよ。

よく見たんですけど取り付けはハリガネがフック上になっていて白黒テレビの画面の上に引っ掛けているだけ・・・。

常識的に考えてこれで白黒がカラーになるワケがないと。(カラーではなくて総天然色と言うそうです)

しかし凄いわ。当時の人は
「わはは~騙されたあ。ウッカリだあ」とか言って笑って済ませたのでしょうか?大らかな時代ですね


IMG_6756

こちらも駄菓子屋さんですかね。うちは田舎だったので近所に模型屋さんなんて立派な物は有りませんでした。プラモデルは主にこういう駄菓子屋さんで買ってましたね。

最後はこちらの自転車。

IMG_6757

荷台の箱には冷たいジュースなんかが入っていて、それをこの自転車に乗って売っていたのだそうです。

で、その販売スタイルは麦わら帽子にハンドベルのような手鈴。

スタッフの方にすすめられて、けんちっくさん売り子さんに変身です。

IMG_6758

写真はまだまだたくさん撮っているのですが、この辺で終わりましょう。何しろ部屋数が多い上に展示物がハンパなく多いので1時間以上掛かっても全てをじっくり見ることが出来ません。

これは再度行ってみる価値が有りますね。

特に今回は小松崎先生の原画が見れたので大満足です。

IMG_6771

館内の展示物に関するクイズがありますよ。全部見て回ったら採点してくれます。

全部で17問ですが2か所間違えてしまいました・・・。

本当は間違うと補修を受けないといけないそうです(スタッフ談)が、オマケで100点をくれました~~。

IMG_6772

いやあ、行って良かったです。ほんと時を忘れて楽しかった~~。

皆さんも是非いかがですか?

湯郷温泉に行ったらどうぞ行ってみてください。絶対にオススメです!

000







人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

先月になりますが11月1日の記事の最後の方で「息抜きで1/700も同時製作します」と発表していましたね。

実はその1/700もボチボチ作り始めました。ですがこちらの方はノンプレッシャーでノビノビと作りたいので非公開で作りますとも申し上げました。

まあ本音を言えば「ホンマに出来るんかいな・・・」という不安もあるんですけどね。

ですので信濃の記事がお休みしている日は大体この1./700を作っていると思ってくださいね。

もちろん無事に完成することが出来たらここで盛大にお披露目いたしますので半分くらい期待してお待ちください(笑)。

さて何を作っているのでしょう?

ヒントの写真を上げておきます・・・。

IMG_6656

これを見て「メーカー名」と「艦種」をズバリと当てられる方はエライ!!(爆)。

まあジオラマになりますので船自体の作り込みは適当なレベルに抑えておこうと思っています。

それにしてもかなりパーツ同士の合いの悪いキットです。けっこう修正が大変ですね。

1/350信濃の方は近々再開しますのでこちらはどうぞお楽しみに~~!!

疲れたのでケーキ食べました。
ミルクレープ最高!!

IMG_6651

それでは。

000







人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

嬉しい・・・ただひたすらに嬉しい・・・。

あの万年Bクラスだったオリックスバファローズが昨夜、ついに26年ぶりの日本一に輝きました!!

夜勤が終わってから昼過ぎにコンビニに行ったのですが、すでにほとんど売り切れ。
こんなに人気あったっけ?

やっと残り少ないデイリーとスポニチをゲット!!これは永久保存です。


IMG_6253

今年は生観戦できたのは6試合だけでしたが、その全てを勝ってくれました。こんな年は記憶に有りません。とにかく全国のオリファンの皆さん、おめでとうございます!!

さて、本題です。

10月29日(土)・30日(日)の二日間開催された「第11回艦船模型合同展示会」が終了いたしました。


42319194


私も今回は日程調整して何とか土日ともフル参加できました。これは珍しい事なんです(笑)。

所属する艦船模型サークル「鳶色の会」が今回の幹事サークルということでしたので私は主に一般来場客の受付で「検温」「消毒」「入場証渡し」のお仕事を担当させて頂きました。コロナさえなければこれは不要なのでしょうが今はこういうご時世ですので参加者の皆さま、来場者の皆さまの全ての方にご協力いただきました。

そのためなかなか参加者の皆様の作品を一卓づつじっくり拝見して回る時間は取れなかったのですが、休憩時間を利用して会場の様子を一通り撮影してまいりましたので、どうぞその雰囲気だけでも感じ取ってください。

(全ての卓をご紹介できなくてすみません。また間違いが有っても失礼ですので名称略です。)

それではどうぞ。


IMG_6175

IMG_6179

IMG_6184

IMG_6185

IMG_6186

IMG_6188

IMG_6189


IMG_6191
IMG_6194

IMG_6196

IMG_6199

IMG_6202

IMG_6213

IMG_6216

IMG_6220

IMG_6224

IMG_6229

IMG_6234

IMG_6241

IMG_6246


どうでしょう。どこを見ても船・船・船。

これだけ船の模型がいっぺんに見られる展示会は当展示会しかありません!

ちなみに私のチーム「鳶色の会」はこんな感じです。


IMG_6237




で・・・私はこの3隻の空母で参戦しました。


IMG_6238



時々はこの「鳶色の会」卓に戻って皆様の生の声を聴かせて頂きました。

「ブログ見てますよ」

短い時間の間にこんな声を何人かの方から頂きました。これはもうこの上ない喜びです。

速報性が高く、流れの早いTwitterなどのSNSは夜勤メインの私には不向きなのでやっておらず、自分のペースで更新できるブログのみで細々と活動しています。

それでも毎日平均100~130人ほどの方にご訪問いただくようになりました。さらに先ほどのような声を頂くようになると本当にこのブログやっていて良かったなあ、とつくづく実感するんですね。
本当に皆様ありがとうございます!!

さて私は大半の時間を受付ブースに居たのですが、それでも会場内にいる時間帯に何名かの参加者の方から方からご挨拶を頂きました。

大磯海軍工廠様、花岡勇太様、山科海軍工廠様とは幸運にも名刺交換させて頂きました。ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

また立ち話だけで名刺交換まで出来なかった方も数名いらっしゃいます。失礼いたしました。本当にありがとうございました。

また会場では艦船模型の鉛筆画家「菅野泰紀」先生の個展も開催されました。

初めて近くで拝見しましたが凄すぎてもう私などが何も言う言葉が有りません(汗)。

IMG_6249


受付近くでしたのでよく見えたのですが、ひっきりなしにお客様がいらして菅野先生は開場から閉場までほとんどずっと熱心に説明をされていました。この熱意には驚かされました・・・。


以上、本当に駆け足でしたが「第11回艦船模型合同展示会」のレポートを終わります。

結果的に二日間トータルで2000名ほどのお客様が来場されたようです。ローカルな展示会しか経験のない私にとってはこの賑わいはちょっと異次元でした。とにかく多くのお客様をスムーズにご案内できるように頑張ったつもりです。・・・出来たかな?

参加された皆様、本当にお疲れさまでした。これからも楽しく製作されてまた素晴らしい作品を拝見させてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    
番外編

ここからは個人的なお話です。ご興味のある方はお読みください。

実は小学生くらいの男の子(中学生だったらゴメンね)からも「ブログ読んでいるんです」と声を掛けられました。これはめちゃくちゃ嬉しかったですね。船体の骨組みや外板の張り方について聞かれたので出来る限り丁寧に答えさせてもらいました、ありがとうね。

このことを友井師匠に伝えようかとも思ったのですが女性と子供に(だけ)は優しい師匠の事だからきっと満面の笑顔で「好きな図面が有ったら持って帰り~~」とか言いそうなのでやめておきました。模型の入り口を間違えさせてはイケマセン(笑)。

その友井師匠のネイビーヤードの卓も覗いてみました。


IMG_6244


師匠の1/200「三隈」は立派に横たわっていましたが、ご覧の椅子にはいらっしゃいませんでした。どこかの卓で図面談義でもしているのでしょうか???

正直言ってあんまりここで姿を確認してない(笑)。

再び受付業務に戻ると「お、真面目にやっとるやん。いつもはサボろうとするのに」と言いながら出ていってフラフラと外を散策(徘徊)されていました。

ところで皆さん、わたしサボってないですよ(爆)。

さて私はもう一つサークルに所属しています。それがこの「模型の絆」です。

IMG_6198


今回はほとんどこちらに寄る機会は有りませんでした。

展示内容はWLシリーズの初期キット(戦艦のみ)の100%「素組」大艦隊です。

代表のヤマト総帥の話では「かなり多くのお客様が食いついてくれた」との事でした。皆様ありがとうございます。お客様曰く「凄いのばかり見てきたからここに来たらホッとする・・・」だそうです(爆)。まさにオアシスですな・・・。箸休めとも言う。

エッチングもアフターパーツも無かった昔、誰もがワクワクしながら作ったWLシリーズ。だから見る側も皆さん経験が有ることですので「WLあるある」でかなり話が盛り上がったそうですよ。二日目応援のジャックさんもありがとう。なんか応援以上の大活躍だったみたいですが(笑)。

さらに今回ゲスト参戦されていたR工廠様に初めてお会いすることが出来ました。著書にサインまで頂きましたよ。ありがとうございました!

I
IMG_6254

キンチョーしましたあ。もっといろいろお話したかったのに・・・。

ですが今回引き合わせてくれた鳶色2号さんには感謝感謝です。

その鳶色2号さんに静岡ホビーショーで案内してもらったという「空母蒼龍が大好き」というお客様がわざわざ私を探しに会いに来てくれました。私は受付でしたので立ち話になりましたが、この大阪でも1/350「蒼龍」をしっかりご覧いただいたという事で大変嬉しく思いました。

「持って帰ってくれても良いですよ」と言いたくなるくらい嬉しかったのは言うまでもありません。


今回出会ったすべての方々に感謝。

私もまた頑張って次回作に取り組まないといけないですなあ・・・。

おわり

IMG_6256

↑このページのトップヘ