特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

カテゴリ: その他・過去作など

1/350 空母「蒼龍については今日も飛行甲板の穴開け作業に終始していて画像的に変わり映えしませんので今日は省略します(笑)。

知ってる方は知っていますが私、基本的に夜勤のお仕事です。

夏は夜明けが早いので、よく早朝の海岸まで行って気分転換しています。

これは今朝の明石の江井島海岸の様子です。(AM4:30ごろ)

IMG_1213

IMG_1214

空気は奇麗ですし、釣り人以外に人もいません。

ここでコーヒーを飲みながらボ~~~っと海を眺める・・・。

何とも言えない至福の時なのです。

朝日が上がってきました。今日も暑くなりそうなのを感じる一瞬です。
IMG_1212

さて、仕事を終えて家に帰るとポストに荷物が入っていました。

こんなドギツイ黄色い封筒が入ってたらポスト開けた瞬間ちょっとビビるよね(笑)。
IMG_1334

中国郵政・・・か。

ああ、そうだった。1/700 オク用「瑞鶴」に使うエッチングパーツを注文してたんだった・・・。

やっぱり中国からだと少し時間が掛かるんだなあ。うっかり忘れてた。

中身はこれです。1/700 艦載艇用のディティールアップパーツです。
IMG_1335

え!?

こ・・・こんなに小さいの?細かいの??

これを・・・。
IMG_1333

これに取り付けるのか!?

うそでしょ。

やばい、全っ然自信ない(爆)。

ちょっと後悔してきた。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします









4月4日(日)は京都の舞鶴で第1回舞鶴ホビーフェスタが開催され、その中のイベント「艦船模型展示会」に参加してきました。今日はそのレポートです。

前日からの深夜勤を早朝に終えて急いで帰宅。速攻で着替えて朝4時半、ヤマトさんが車で迎えに来てくれました。そして「模型の絆」のメンバー、エーギルくんとジャックさんを加えて4人で早朝の中、京都舞鶴に向けて出発しました。

夜勤からの流れで最初は身体も起きていたんですが、だんだんと意識が飛んでいきまして途中からは完全に爆睡状態に・・・。結局目が覚めたのは京都に入ってからという。その間他の3人がどんな重要な会話をして盛り上がっていたのかを私は全く知る由はありません。

舞鶴には早く到着しました。皆でどこかでゆっくりと朝食をとるためです。ところが走っても走ってもそれらしいお店が・・・無い。どんなに探しても・・・見当たらない。
しかもだんだん尿意が強くなってきて「ヤバい」と運転手のヤマトさんに申告。

仕方なくコンビニに入ってパンでも買おうということに。慌ててトイレに行くとジャックさんと鉢合わせ。どちらが先に行くか「最初はグー、ジャンケンポン!」「ジャンケンポン!」「ジャンケンポン!」「ジャンケンポン!」・・・なんでこんな時に限って4度も「あいこ」が続くのか!!

この間も尿意は強くなり「もうええ、先行って!!」と譲ることに。トイレからジャックさんが出て来るのを待ってやっとのこと用を足せた時、これほどの幸せを久しぶりに感じました。

ゆっくりとパンを食べて「そろそろ行きましょう」ということになり、まだ時間は早いですが会場である赤レンガパークの駐車場へ。

そして、そこから見える護衛艦群をうっとりと眺めていました。モデラーとしてはサビの色と垂れ方が非常に気なって見ていたんですが。
1

ラッパの音が聞こえてきて「ああ~遠くはるばる軍港の街に来たんだなあ。」と実感(ほとんど寝てたくせに)

開場まで時間が有るのでジャックさんの護衛艦豆知識と一口メモを有難く拝聴して過ごしました。いつも思うのですがこの人は新人自衛官の何倍もの知識を持っているんじゃなかろうかと・・・。自衛隊検定が有ればぜひ受験してもらいたい。

9時になったので搬入開始です。ヤマトさんの1つを含めて今回は6作品を持参しました。皆で手分けして会場まで運びました。会場はこの赤レンガ倉庫4号棟です。
IMG_6059

入り口はこんな感じ。
IMG_6058

会場は2階です。主催者様に模型展示の参加意思を伝えるとちょっと驚かれた様子です。思った以上に作品が集まったそうで空きスペースが無い・・・。

ところがわざわざ奥から私たちのためにテーブルを持ってきてくれました。ありがとうございます。
そしていつものように箱を開けて展示しましたよ。(右端はヤマトさんの大和)
IMG_6067

我がお師匠さんの友井さんは早くに来場されていました(さすがだ)。10時に開場するとお客さんが入ってきて早速師匠はトーク開始です。
IMG_6069

それにしても、いつにも増して師匠の作品は他を圧倒する迫力が有りますねえ。
IMG_6076

もう一つ「隼鷹」も持参されていましたが今回は艦載機無し。どうやら前回の「うずらのイベント」で艦載機のケースを紛失し、うずらの弁当の空き箱に入れて持ち帰ったのが懲りたかな?
その事件の詳細

徐々にお客さんも増えてきました。
IMG_6061

IMG_6062

それでは今回の参加者様の作品を見ていきましょう。
IMG_6070

IMG_6071

IMG_6072

IMG_6073

力作ぞろいですね。一言コメントを読むのも楽しいですよ。

このような大きいモデル、1/100 摩耶も。とにかく大きくて驚きます。

我が家でこのクラスは・・・絶対に作れない。作れても外に出せない(笑)。とても無理っす。
IMG_6090

IMG_6075

1/200 戦艦大和も有りました。確認が不十分ですが例のあのニチモのキットでしょうか?

とても細かく作られていましたよ。
IMG_6078


作品以外ではメーカー別のテーブルが有りました。
IMG_6063

IMG_6064

IMG_6065

昼食は近くのラーメン屋さんにて。ここでは豚骨ラーメンに人気が集中。「お、みんな気が合うやん!」と思ったのもつかの間。あとで実はバラバラだったことが分かる事件が勃発します。それはまた後で(笑)。

一定時間が過ぎますとやっぱりほかのエリアをいろいろ見て回りたくなってきます。そこで一階に降りてみました。ここはミニ四駆のコースが作られていました。
IMG_6080

多くの方が競技に参加して楽しそうでしたよ。
IMG_6081

そしてこちらは40メートルの直線コース。

しばらく見ていましたが、これはめっちゃ速い。セッティング次第でタイムはかなり左右されるそうです。なんか個人的にはこっちの方が面白く感じました。
IMG_6082

外では痛車も展示されていました。雨なのがちょっと残念。もっとじっくり見たかったのに。
IMG_6088

「ちょっとお茶でもしませんか?」という声と共に全員でカフェに行ってお茶タイムです。

ここではサークル「模型の絆」の今後の活動に関する重要な会議が開かれる・・・という事は一切なく、まったりとした野郎5人によるお茶の時間です。

先ほどのラーメン屋での結束もつかの間、ここでは大いに意見が分かれてしまいました。

コーヒーがホットかアイスか?そんなことはどうでもいいんです。問題はスイーツに何を選択するか、ここなのです。

ジャックさんとヤマトさんはチーズケーキ。
IMG_6086

師匠とエーギルくんはロールケーキ。
IMG_6084

そして私はワッフル・・・。
IMG_6085

皆から「裏切者!」と罵られてしまいましたが、何を言うか!!

男ならここは迷わずワッフルでしょうが!!(プンプン!)

師匠はケーキを食しながらスマホの写真を取り出し、「わし、馬に乗ったんや」と。

何でも戦国武将の恰好して馬に乗ってる師匠の写真です。確かによく似合ってるなあ。そうか、師匠は武将顔だったんだ。

この写真は何かの広報誌の表紙も飾ったそうで師匠もご満悦です。


「わし、葬式はこの写真を遺影にするんや」、と言って聞きませんので我々も「そうですか・・・」としか答えられません。

たしかにちょっと見てみたい気もしま・・・いやいや師匠に限ってはますますお元気で、あと2~3隻は余裕で完成させることを信じていますので(笑)。

それより是非作品を背負って馬で展示会に登場してくれたら嬉しいのですが。

お土産コーナーは充実していましたよ。私も夫婦揃ってお菓子好きですので、こんなに美味しそうなお菓子が並んでいるとかなり真剣に悩みますわ。

・・・で結局こんなんを買いました。
IMG_6097

特に右下のガトーシューですが、なんと「ひゅうが」のペーパークラフト入りなんです!

リアルな航跡波入り!
IMG_6096

こういうオマケにつられて買ってしまうあたりまだまだ私も子供だわ・・・。

ヤマトさんからは
「ディティールアップは禁止ですよ」と言われましたが、作ってみたらそうはいかないかもしれません。手持ちの余ったエッチングパーツを使ってしまうかも。でもこういう場合はやっぱり紙を使ったほうが良いのかな?

海面もジェルメディウムを使えばもっとリアルになりそうなんですが・・・。

これはまた作ったら当ブログでもご紹介しますね。

午後4時の閉会が近くなり、そろそろ撤収準備しようということで作品を箱に収め始めました。いつも思うのですが展示会はこの撤収の時間が一番寂しいですよね。

師匠にも後片付けを促そうと思ってふと見ると、和装コスプレ大会に参加していた可愛いお嬢さんを捕まえてフルスクラッチの醍醐味と大艦巨砲主義などについて熱く語っておられましたので邪魔しちゃイケナイと思い放置して撤収作業を進めました(笑)。

師匠は展示会だけではなく主催者様の模型店での人気コンテストにも参加される予定だったのですが、個人のお店のショーウインドーでの展示らしく、とても1/200の大型艦船は置けないということで泣く泣くコンテストは諦めて3隻とも持ち帰ることになったそうです。

まあ・・・今や殿堂入りレベルのお方なんですから、そろそろ賞取りレースからは卒業してくださいよと言いたいところなんですが(爆)。

その主催者様からは今日の記念品を頂きました。可愛らしいクリアファイルです。
IMG_6098

せっかく来たのでこちらのお店舞鶴電脳工作室にも寄りたかったのですが、半休という事でこの日は諦めました。このたびはお世話になりありがとうございました。

「わし、こんな早い時間に帰ったら嫁に怒られるわ」と言う師匠と、「駅から電車で帰ります」というエーギルくんとはここでお別れです。寂しいですがどうぞお気を付けてという事で。

そして荷物を積み込み3人で帰路につきました。

・・・またまた眠くなって爆睡してしまいましたが・・・(笑)。

ヤマトさん、長距離の運転お疲れさまでした。助かりました。

そして私は帰宅後、そそくさと夕食を取りお風呂に入ってからこの日の深夜勤に出かけました。超々タイトな一日が終わりました~。

以上、イベントレポートでした。長文にお付き合いくださってありがとうございました~~!
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。


3月6日(土)・7日(日)の二日間、兵庫県加西市にある戦争史跡「うずらの飛行場」ちかくの公民館で関連イベントが有りました。

緊急事態宣言解除の直後とあってこのブログでは一切告知はしていませんでした。ごめんなさい。

イベント自体も感染拡大予防には最大限の配慮をして行われました。

5753f54e

会場を2分割して左側が講演会場、右側が展示会場となりました。

今回は私のお師匠さんである友井師匠との師弟展となりましたあ~。

まあ、まず師匠の作品をご覧ください。

    1/200 空母「隼鷹」
IMG_5680

    1/200 戦艦「霧島」
IMG_5683

    1/200 軽巡「三隈」
IMG_5684

ちょっとアクリルケースが反射してアレなんですけど、いかがでしょう?この迫力。

どれも何年もかかって作り上げた作品です。すべて手作りです。しかも大きい・・・。

この「大きさ」という部分は写真では伝わりにくいですね。実物を見て頂きたいです。

来場されるお客様にもやはりインパクトが強いのでしょう。皆さん興味を持って見ておられました。

そして一方、私の作品群。
IMG_5689

IMG_5690

リストとしては
1/700  隼鷹
1/700 雲龍
1/350 千代田
1/350 天城
1/350 伊吹
1/350 蒼龍(製作中)
1/144 二式水戦ジオラマ
1/144 二式大艇ジオラマ

です。数では師匠を制しましたが、一つ一つの精密度が違う。やっぱり1/200の模型の横では1/350でも物足りなさを感じてしまいます。やはり・・・重量感、存在感では完敗ですね(笑)。

展示室には他にも和歌山から遠征された柏木さんの航空機装備品の展示。

210308135833

爆撃機の照準器、零戦の照準器など本物を展示されていました。私も好きなのでいろいろ質問させていただきました。これも好きな方にはたまらんでしょうなあ・・・。

なんといっても天山攻撃機の機体の一部(日の丸付き)は圧巻。正直言って・・・欲しいです。

友人の屋根裏部屋の男さんはこのイベントの主催者「うずらの未来プロジェクト」の模型展示担当さんです。

彼自身も大変腕の在るモデラーさんで、実は先日あの名物キット、ニチモの
1/200戦艦大和を完成させました。
IMG_5711

その制作秘話をモニターを使って丁寧に説明してくれました。
IMG_5695

どこに苦労したのか・・・全部だそうです(笑)。

聞けば聞くほど「たとえいくら貰っても作りたくない」と思いましたね(爆)。

良く完成させましたね~、さすが屋根裏さん!

で、このあと我が師匠、友井さんも講演されました。

幼少期からの模型体験などを熱く語っておられました。

師匠によると艦船模型作りとは・・・。

・制作の大半はリサーチである。とにかく納得いくまで調べる。

・図面は当てにはならない。写真に写っている物こそが真実。

・エッチングパーツは使わない。すべて手作りが基本!

・・・だそうです。さすがだ。

私などエッチング大好きだし~、分からないところはけっこう「それらしく」で作っちゃうし~、1年以上、同じものを作る根気もないし~(笑)。まあ、私のような凡人には到底たどり着ける境地ではないのです。

「やっぱり師匠はすごいな」と唸っていたら・・・

若いころは模型なんかより女の子を追いかけてる方が楽しかった~、と本性を露わにしていましたが。

二日目の会場では地元の北条高校放送部の生徒さんが、この鶉野から飛び立った若い特攻隊員たちの「遺書」を朗読した映像が流されました。


IMG_5727

IMG_5729

同じ若い世代が志半ばで特攻に出ざるを得ない、そのギリギリの心境を魂を込めて朗読されていました。聞き入ってしまいました。ちょっと写真が内容とズレちゃっていますが(汗)。

そしてこの日のメインは坂井田洋治さんによる講演です。今回も山本五十六長官の最後の様子に関するエピソードや新説をたっぷりと聞かせてくれました。いやあ、面白かったです。

どうでしょう?画面が見えますか?3つの「長官機ミステリー」。
IMG_5731

知りたい?知りたい?
ごめんなさい。ここでは書けません・・・ほんとにめっちゃ興味深かったですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、二日間の日程とかあっという間ですね。そろそろ撤収です。

片づけを始めたとたん、師匠がなんかオロオロしてます。(゚Д゚≡゚д゚)どうしたんだろ?

実は隼鷹の艦載機をこのようなケースで持ち込んだらしいのですが。
IMG_5734

どうも何故かこのケースが一つ足りなくなったそうです。なんでこんなものが無くなるのかがとっても不思議なんですが、いくら探しても見つからないんですよ。

そこで困った師匠、「なんか代わりの箱はないかな?」とケースを諦め小さな箱を探し始めました。

で、バックヤードに入ったらお昼に食べたお弁当のスチロール箱が(笑)。

いくらなんでもこれはないだろうと思ったのですが師匠は「これでええ」と言い出して洗い始めました。

そしておもむろに艦載機を弁当箱に詰め始めました。
IMG_5733

「師匠、ほんとにこれでいいんですか!?」と言ってみたのですが、

「わし、飛行機にはあんまり興味ないんや」

・・・・・・・・いや、そういう問題じゃないやろ(爆)。

そしてアクリルケースにバンドを引っ掛けただけの3つの作品をワイルドに愛車に詰め込みました。
IMG_5735

最後に「ほな!」と残して颯爽と帰っていかれました。

さすが、いぶし銀のように渋いな・・・(笑)。

みんなで会場の後片付けをして解散です。皆さんお疲れさまでした!!

また次回のイベントでも元気でお会いしましょう。

為平代表はじめ屋根裏さんや他のスタッフの皆さん、お世話になりありがとうございました!!
000





人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。




今日はヤマトさんと神戸館でミーティングでした。

めっちゃ寒い日で、しかも夜勤で配達日ということで体が冷え切っていましたので神戸館の温かいコーヒーは体に染みて心まで温まる思いでした。まったりと過ごさせていただきました。

そのヤマトさんから差し入れです。

1/700 日本海軍艦載機セット(後期)。
IMG_5309

オク用瑞鶴に使ってくださいとのことです。
嬉しいですね。キット付属分ではちょっと少ないなと思っていましたので。

これで「雷撃隊出動!」といきましょうか!

ヤマトさん、あざーっす!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


我が家のイースくん、無事に12か月点検を済ませました。異常無しでした。(ホッ)
KIMG0232



通勤の往復とお買い物くらいで、いわゆる「街乗り」専用なのですが平均燃費は常時25km/L前後を記録する非常に良い子です。前の所有車(アトレーターボ)がとにかく「飯食い」でしたので本当に助かっています。

・・・この車、開発の情熱の大半を燃費性能に掛けたのでしょうか?それ以外の部分は徹底的に贅肉をそぎ落として軽量化とコストカットを図っています。内装などはお世辞にも豪華とは言えませんし、ドアの内張などはペコペコで、
兄貴曰く「ゼロ戦みたいな車やなあ~」(爆)。


これはもう価格的に仕方ないことと割り切っていますし、そこがまた潔くて良し!です。
まだまだ長い付き合いをよろしく頼むよ~~。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて最後に・・・・。

1/350 空母「蒼龍」製作記

こんなものを作ります。まずは下書き~~。
IMG_5304

切り出しますよ。
IMG_5306

舷外通路でした~~。
IMG_5307

非常に複雑な形です。現物合わせでやっと切り出しに成功しましたが、時間が掛かって今日はこれだけで終わってしまいました・・・。
IMG_5308a

支柱が無いと模型でもやっぱりグラグラと不安定で壊れそうなので早くしっかりとした支柱を入れたいものです・・・。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。






本日は友人である「うずらの飛行場未来プロジェクト企画・模型展示担当 」の屋根裏部屋の男さんとちょっとしたミーティングがありました。

神戸館で美味しいコーヒーを頂きながら約二時間、いろんな情報を得ることが出来ました。

屋根裏さん、遠いところをわざわざありがとうございました。無事に帰れましたか?(笑)。

屋根裏さんからは未来プロジェクトの代表が大和ミュージアムに行かれた際の「お土産」を預かってきたということで手渡されました。

そのお土産とは・・・・・・。

   1/72 九七式大型飛行艇!
IMG_5235

うへえ・・・かっこいい。

中身は~。
IMG_5236

         で・・・でか!! さすが1/72!

で、なんで代表が私にこれをお土産としたかと言いますと、答えはここに有りました。
IMG_5237

なんとこのキット、所属が「詫間航空隊」仕様なのです!

詫間航空隊というと、私が現地取材(その1その2)を重ねたうえで製作した二式大艇ジオラマが有りましたね。
9cd25fc9

4b14ae09

思い入れの強いこの作品を代表はしっかりと覚えていてくれたようです。

私もこのようなキットは知りませんでしたので驚きましたが、せっかく頂いたお土産です、いずれ必ず作らせていただきます。

しかし上のジオラマは1/144ですからね。さすがに1/72のジオラマとなると大掛かりにはなりそうですが・・・。

代表からはさらに海自カレーもいただきました。
IMG_5233

カレー大好き!!

食べるの楽しみにしています。代表!本当にありがとうございました。けんちっく、大喜びです(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1/350 空母「蒼龍」製作記

本日は右舷後部の機銃スポンソンの切り出しです。

図面を見ながら下書きをします。
IMG_5230

そして慎重に切り出します。そして仮留めしてみます。
IMG_5231

これから地味~~な裏側補強板を組んでいきます。(笑)。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。


↑このページのトップヘ