カテゴリ: 1/700アークロイヤル

アーくん

ここのところ付きっきりで取り組んできましたアオシマの1/700アークロイヤルですが、やっと船体が完成しました。

なるべくキットの良さを残しつつ明らかに効果の大きそうな部分のみエッチングパーツに置き換えていきました。

1/700専門のゴリゴリ凄腕モデラーの方々にとってはこれでは全然満足されないんでしょうけど、私の場合は1/700には不慣れと言うこともありあまり欲張った作り込みをして逆効果になるのもイヤですのでこれくらいで終えておこうと思います(笑)。

それでは何枚か撮影しましたので画像をどうぞ。

IMG_4792

IMG_4729

IMG_4732

IMG_4735

IMG_4742

IMG_4749

IMG_4760

IMG_4771

IMG_4783

IMG_4786


先日も書きましたが、このキットは
「英国海軍 航空母艦 アークロイヤル 1941 ビスマルク追撃戦」と銘打たれています。

これに従いますので史実通りにソードフィッシュによる発艦シーンを再現したいと思っています。

キットにもソードフィッシュは4機付属していますが、これでは足りません。

そこでこのセットを念のために2つ買っておきました。

IMG_4794

ただ同じアオシマの製品なのにキット付属品とはよく見ると別物のようですね・・・。

ちょっと手を入れる必要がありそうです。

さらにジオラマ作品となりますので海面ベースも用意しようと思っています。実はここからがまた長い作業となるのです(笑)。

どうぞ気長にお付き合いください。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

アーくん

アークロイヤルの船体はもう少しで完成となります。

今日は「5インチ4連装機銃」を作ります。

4パーツ構成のエッチングを組むとこのようになります。

IMG_4702

米粒ほどの大きさですので肉眼ではもう上手く出来ているのかどうかの判別も難しいです(笑)。

これを8基作りました。

IMG_4703

ついでに起倒式マストも8本組み上げました。

IMG_4704

実は・・・5インチ4連装機銃は・・・このようにキットパーツを取り付けていました。

      ↓ 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

IMG_4709

なんかエッチングパーツを組むのが面倒だったんですね(笑)。人間やはり楽をしたいものですから・・・。

でも思い直して全て撤去しました。そして完成したエッチング製の5インチ4連装機銃に置き換えました。

IMG_4725

やはりシャープになりますね。

さらに起倒式マストも取り付けます。

IMG_4726

良い感じになってきました。

あとは張り線をすれば船体の方は完成となります。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

アーくん

アークロイヤルにベッタリになってきました。ここまでくると中途半端に止められなくなっています。

キットでは省略されている部分、それがこの「係船桁」です。「ケイセンコウ」と読むようです。

細かい部分でスルーすることもできるのですが一手間加えるだけですのでやっておきました。プラ棒を削るだけですので(笑)。

右舷前方


IMG_4694

右舷後方

IMG_4695

左舷前方

IMG_4697

左舷後方

IMG_4698

以上の4か所です。少しですが情報量も増したようですね。

そろそろ張り線をやって船体は完成といきましょうか・・・。

IMG_4700

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

アーくん

私と奥さんの誕生日が近いということもあってケーキを買ってしまいました。

IMG_4646

山崎製パンのケーキですが、非常に美味でございました。幸せでした(笑)。

さてアオシマ1/700 空母「アークロイヤル」ですが、組み立て自体はほぼ終わりました。

8本ある起倒式マストは破損したくないので最後の最後に取り付けようと思っていますので現段階では有りません。

IMG_4677

IMG_4678

張り線はこれから行いますが、1/700ですしやや端折った感じになると思います。

IMG_4679

飛行甲板の最後部はこのように大きく張り出しています。アークロイヤルの特徴をよく掴んでいますね。

IMG_4680

主錨近辺のサビなどのウェザリングもこれから行います。あまり汚したくないので控えめになると思いますが。

IMG_4681

発艦状態にしますので残念ながら遮風柵は閉じた状態になります・・・。せっかくエッチングパーツが有るんですが仕方ないですね。

IMG_4685

やはりクレーンはエッチングに置き換えて正解でしたね。とても繊細で見ごたえがあります。

IMG_4688

このキットはアオシマの「英国海軍 航空母艦 アークロイヤル 1941 ビスマルク追撃戦」と名を打った商品ですのでそれに従って組んでいます。

飛行甲板上はソードフィッシュの発艦シーンにしていく予定です。

キットのものを使うか・・・それとも別に用意するか・・・。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

アーくん

ちょっとしばらくはアークロイヤルに専念しそうです・・・。ある程度のところまでは仕上げておきたいという考えです。

両舷に装備されたクレーンですが、これがキットパーツです。

IMG_4647

私も出来る限りキットパーツを尊重して使いたい派なんですが、これに関してはちょっと差が激し過ぎますのでエッチングパーツを利用することにします。

以前の記事にも載せましたがこれがエッチングを組んだだけのクレーンです。

IMG_4627

今日は塗装をして完全に取り付けまで行いました。

IMG_4650

やはりここは大きな効果が得られたようです。

また高角砲も塗装して取り付けました。ここはキットパーツ尊重です(笑)。

IMG_4653

艦橋周辺はかなり仕上がってきました。

001

張り線はどうなっているのか?ちょっと気が重い作業ですが調べておかないといけませんね。

002

次は艦載艇の製作になると思います・・・。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

↑このページのトップヘ