カテゴリ: 1/350 隼鷹

初めての1/350キット製作を楽しもう

着艦時に使用する制動関係の装置を取り付けました。

まず第一・第二滑走制止装置の取り付けです。

IMG_3684

もう・・・繊細過ぎますよ、これ。

接着剤の付けしろが少なく、ハミ出しは目立ちますのでタブーです。

塗装済みの甲板を汚したくないので接着は一発で決めないといけません・・・。

本当に緊張の連続ですよ。

色については黒系はキツイので軍艦色にしてみました。良い感じです。

そして着艦制動策の取り付け。

IMG_3685

これも瞬間接着剤との戦いです。

いかに少なく、いかに奇麗に、いかに効果的に点付けするか・・・。

本当に今日は緊張の連続でしたよ。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

初めての1/350キット製作を楽しもう

そろそろベース板の調整に入ります。

ウレタンフォームには粘土を塗っています。私の場合は「ラドールプレミックス」という商品が好きなのでいつもこれを使っています。

そして船体の形に合わせてウレタンフォームをくり抜いています。

IMG_3673

ハセガワの隼鷹はフルハルモデルですので喫水線で切断することも考えました。その方がベース製作が楽だからです。しかしキットの船体を真横に正確に切断するというのは思っている以上に難しそうですので、手間は掛かりますがこの方法を採りました。

それでは船体を埋め込んでみます。

IMG_3677

せっかく塗装しましたので艦底色も少しは見せたいと思います。

ですので現在、船底の高さを調整中です。

IMG_3680

ここが正念場でしょう。ここをうまく乗り切ればなかなか面白い作品が完成できそうです。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

初めての1/350キット製作を楽しもう

昨日の続きですね。後部噴進砲スポンソンの製作です。

昨日はここまででしたね。

IMG_3116

それでは続きを始めます。

裏側の補強部分を完全に仕上げます。

搭載される噴進砲は4基ですので支柱も4本となります。その取付部を作っておきます。

3

出来上がったスポンソンを塗装します。

上側のプラ丸棒は支柱に使うための1mm丸棒です。これも最初に塗装しておきます。


4


裏側もきちんと塗装します。

色は外舷2号で良いと思います。

特に指定色は有りませんが2号色が一番しっくりすると思います。

5

そしてこのように取り付けます。


6

支柱も4本このように取り付けます。

発動機試験所が狭くなりますが、この時期にはもう艦載機の運用は想定していなかったのかもしれません。それよりも対空兵装を充実させたいという考えが見て取れます。

8

直前には「隠顕式探照灯格納庫」があります。

この局面にスポンソン形状を合わせるのが意外と難しかったですね。


9


噴進砲はこのように4基並んで搭載されます。

10

噴進砲は分かりやすく言えば28連発のロケット砲で一斉に打ち上げられ敵機を襲います。

ただ、弾道が一定せず命中率も悪くあまり有効な兵器ではありませんでした。

しかし実際の戦果は置いといて、その見た目の迫力は凄まじく威嚇効果は大きなものが有ったようです。物凄い轟音や猛煙と共に自分の方にロケット弾が向かってくるのですから編隊を崩す効果は有ったでしょうし一度見た恐怖から艦に近づくのも怖いと思うパイロットがいても無理はないと思います。

もっと早く突き詰めるべき兵器だったのかもしれませんね。

噴進砲は艦全体では10基搭載されます。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

初めての1/350キット製作を楽しもう

IMG_3118


これは戦後撮影された隼鷹の飛行甲板です。赤丸部分に噴進砲スポンソンが増設されているのが確認できます。これはマリアナ作戦時には無かったものです。

また艦首側は左右両舷に増設されているのですが、艦尾側は何故か左舷だけとなっています。搭載される噴進砲は4基です。

増設された位置は、この発動機調整所の真上となります。

IMG_3112

0.5mmのプラ板を切り出して位置を調整します。

IMG_3113

裏側も加工中です。ここから4本の支柱を出して発動機調整所を覆うように取り付けられます。

IMG_3116

冒頭の写真と同じアングルで見てみます。

IMG_3117

あとは防煙壁を取り付けて塗装すればOKです。

しかし・・・艦首側と合わせて10個の噴進砲を用意しないといけません・・・。

まいったな。今手持ちはゼロ。これって1/700は問題ないけど1/350用はあんまり流通してないんだよね~~~。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。


初めての1/350キット製作を楽しもう

今日は久しぶりの休日です。「働き方改革」はどこ行ったんだ???

というわけでゆっくり休んでも良かったのですが、12.7cm連装高角砲だけは取り付けておきました。

探せば出来の良い精密なアフターパーツの高角砲も有るんですけど(実際はほとんど在庫なしが多いですけどね)、なによりかなりの高額品になってきます。

艦船模型って敷居が高いと言われているのに「え~~!?キット意外にそんなにお金掛かるの~~??」となると趣味としての間口を狭くしてしまいそうですので・・・(笑)。

・・・というわけで(単なる金欠病の言い訳ですが)今回はハセガワのキット付属の高角砲を使いましょう(爆)。

ただ、キットの砲身は砲口が開いていないのでこれだけは以前多めに入手していた金属砲身に差し替えています。

1

2

3

4

5

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

↑このページのトップヘ