特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

カテゴリ: 1/700 瑞鶴

土曜日、日曜日はオク用「瑞鶴」の製作日です。

1/700というスケールは作り込むものではなく、コレクション性を重視した方が良いのではと本当は思っています。特に最近の精巧なキットはほとんど手を加えずそのまま素組で十分な表現力を持っていると思います。そこに効果的なエッチングを加えればほぼ完ぺきではないかと。

しかし今回のようにちょっと古いキットになりますと、やはりそのままではいろいろと気になる部分が多いです。最低限度の作り込みはしておこうかなと思います。

上から見るとこんな感じでただキットを組んだだけのように見えますが・・・。
IMG_5047

実は横から見るとかなりの部分を改修しています。
IMG_5050

特に機銃スポンソンを支える支柱ですが、元キットではこのように表現されていました。
2461ae12

いわゆる「三角板」です。これはちょっと抵抗有り過ぎます(笑)ので全て削り落としてこのように再現しました。
IMG_5052

あくまで「改修」であり、作り込みと呼ぶほどのものではありません。

今後もキットの良さを出来る限り残しつつ「これはちょっとなあ・・・」という部分については積極的に改修をしていこうと思います。

そうなると、飛行甲板も気になるところだらけなんだよなあ・・・。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

オク用「瑞鶴」の製作です。

IMG_5004



このタミヤ「瑞鶴」はスポンソン裏側の構造がほぼ省略されているか、有っても簡単なモールドのみですのでこのまま組んで終わり、という訳にはいきません。

そこで最低限の裏側補強の構造をプラで再現しています。

現在はここまで進んでいます。
IMG_5005

本当はこれでもまだまだ甘いのですが、先に進みたいのでこの程度に抑えておきます。右舷側もやらないといけませんからね・・・。

さて、これで土日の1/700瑞鶴の製作は一応終了です。また今週末までお預けです。

明日からはまた1/350蒼龍に戻ります。

目まぐるしくて済みませんが皆さん、ついてきてください(笑)。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



土日はオク用の1/700瑞鶴の製作に移ります。

やはり週に2日では進行はユルユルですね(笑)。

さて空母「瑞鶴」の発動機調整所は左舷後部に有るのですが・・・。

キットでは全く再現されていないようです。
IMG_4997

そこでスジ入りプラ板を使ってそれらしく再現しておきました。
IMG_5000

また調整所下側は補強板が再現されておらずツルツルでしたので、これも0.3mmプラバンで
再現しました。
IMG_5003

ここまでは順調。

ここからは最初に削り取った舷外通路を再現していきます。

それでは!
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。




今日も1/700瑞鶴の続きです。

左舷側のスポンソンを取り付けていく作業です。

ここはキットのパーツを尊重して自作はせず、そのまま使います。

で、これがキットパーツの裏側なのですが・・・。
1

これは・・・ちょっとアッサリし過ぎかなと感じましたので・・・。

まず、ブルワークを全て落として0.3mmプラバンで新規製作。エッジがシャープになりました。
IMG_4960



さらに気になる裏側には同じく0.3mmプラバンで補強構造を追加しておきます。
3

また、この高角砲スポンソンの裏側補強ですが、これは大幅に形状が違うようです。
4

そこで一旦削り落としてプラで新設しました。
5

今回の作業はここまでです。

また今週末までお預けとなります。

明日からはまた蒼龍に戻ります~。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。











今年元日の記事で宣言しました通り、土日は私なんかの作品を欲しいと言って下さる有難い方のためのオークション作品を作っていきます。

一度きりの企画になるかもしれませんが、今回用意しましたのはこちら
「タミヤ 瑞鶴」です。
IMG_4944

では再度、中身の確認です。

まず大物パーツです。
IMG_4945

普段キット製作はあまりやっていませんので知識が無いのですが、このキットも発売はかなり古そうです。しかしさすがはタミヤです、造形はシャープですし当時の決定版とも言える出来かと思います。

そしてその他のパーツです。
IMG_4946

パーツ数は少なめでしょうか?ちょっとよく分からないんですが・・・。

では確認も済みましたので製作に入っていきます。

まず、気になるのは船体にモールドされている突起物です。
IMG_4947

特にスポンソン支柱が三角板状に表現されているのはちょっと看過できない部分です。

反対舷も同じです。高角砲スポンソンの支柱は特に目立ちます。
IMG_4948

そこでこれらの突起物のほとんどをニッパーなどで切り落としました。
IMG_4949

何も考えずただバキバキと撤去しただけですのでガタガタです。ちょっと不安になる瞬間です。
IMG_4950

落ち着いてペーパーを400番から1500番まで掛けていき、最後はコンパウンドで磨きます。

これでツルツルの状態になりました。安心です(笑)。
IMG_4952

少し時間が余りましたので前部高角砲のスポンソンを加工してみます。

まずこれがオリジナルです。
IMG_4953

とても良い感じなのですが、ちょっとブルワークの形状が少し気になります。

そこで若干の修正を0.3mmプラバンで行いました。
IMG_4956

取り付けるとこんな感じです。
IMG_4957

どうしても継ぎ目に隙間が開きますね。設計上仕方ありませんので明日パテで埋めて隙間を消しましょう。

資料はこの1/100瑞鶴の写真本です。その他細かい図面も揃えています。
IMG_4958

でもこれは1/700ですし、平日は「蒼龍」製作のため土日だけに限られますのであまり細かい改造は無理でしょう。明日も瑞鶴の続きを行います。

どうぞ蒼龍ともどもよろしくお願いいたします。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



↑このページのトップヘ