1/700 空母雲龍を製作しています。

次は噴進砲の製作に入ります。

その前にちょっと噴進砲についてちょっとお話しますね。

噴出しながら進むということですのでロケット砲ということになるのですがここは
「噴進砲」と表記した方がなんかイカツくて好きです。

マリアナ沖海戦で敗れた日本海軍が採用したもので主に空母を中心に搭載されました。雲龍にももちろん搭載されました。

外観はこんな形をしてます。
fun00
正式には「12㎝28連装噴進砲」といいます。ご覧のようにロケット弾ですので銃身は有りません。

理論上では約10秒で28発全弾が発射可能で、発射された弾体は敵機の侵入コースの前で炸裂して激しい弾幕を張る仕組みになっていました。

最大仰角はプラス80度。最大射程距離は4500メートルとされていました。

また噴進弾は一基あたり140発で通常は3基並びですので合計420発となります。

また、弾頭の焼散弾が航空機の近くで炸裂すると脱出の間もなく撃墜が可能とのこと。

さて、では実戦ではどのように使われたのでしょうか?

これは・・・戦艦日向(だったと思う)のプラモデルの箱絵です。
fun01

飛行甲板後部に注目してください。

め・・・めちゃくちゃ・・・撃ってますねえ・・・。すごい・・・。
fun02

ご覧のように物凄いド迫力です。やばいです。

あ!・・・撃墜したようですよ・・・。
fun03

このように噴進砲は起死回生を図る日本海軍の必殺兵器となるはずでした。

しかし・・・実際は目論見通りにはならなかったようで・・・。

まず一番のネックは発射時に伴う高熱と凄まじい噴煙です。そのため砲員たちは防炎服を着た上に発射のたびに防炎構造の待避所に避難する必要がありました。その噴煙は近くの機銃員から「前が見えねえぞ!」という本末転倒のクレームが出たとか出なかったとか・・・。

撃つたびに避難しなければいけませんので次弾装填にめちゃくちゃ時間が掛かるのは言うまでもありません。

その間に航空機はとっくに居なくなっていますし、散開して攻撃態勢に入った航空機にはもう照準の合わせようがありません。

つまりこの噴進砲はたとえ何発噴進弾を抱えていても近づく編隊に対する最初の一撃がほぼ最大のチャンスとなってしまうのです。このあたりは「最初の一太刀に掛ける」という日本の武士道に通ずるものが有るというか・・・

最大射程は4500mと書きましたが、それは「その辺まで届きますよ~」という事であって、実質の有効距離は1000m~1500mと非常に短く、しかもその命中率はかなり低いとの事です。その大きな理由として・・・。

実は28発全弾を一気に連射するとそのあまりの高熱のため架台の方が壊れたり変形してしまうことが多いのだそうです。そのため数発づつの散発射撃になってしまい自ずと命中率も下がってしまうという事です。

まるでパンチ力がありすぎて自らの拳を痛めてしまうヘビー級ボクサーのようなお話です・・・。

「なんだ、噴進砲、使えんやん」・・・と言うなかれ。

もう一回先ほどの日向(だったと思うんだけどな)の絵を見てください。
fun02

これ、怖くないですか?自分が米軍パイロットだったら震え上がりそうです。

素人考えで思うのですが、どうせ一度しかチャンスが無いのならチマチマ撃ってないで、故障の事なんか考えずに思い切って28発一斉連射すればどうでしょう?

28発ものロケット弾が無軌道に自分の方に向かってきたら
「なんか飛んでくるぞ!!」「oh! my god!!」とたとえ当たらなくても攻撃の指揮系統を大幅に乱すくらいの効果は有るのではないでしょうか?

もしそれで故障して使い物にならなくなっても、米軍さんにはそんなことは分かりません。

「冗談じゃない、またあんな物が飛んで来たら・・・」と疑心暗鬼になって攻撃の照準が鈍ってくれるかもしれません。けっこう良いブラフになると思うのですが(笑)

もうハッキリ言っちゃいますと・・・。

     
威嚇効果は有る、それこそが最大のメリットだ!!

米軍の近接信管による対空砲火に比べるとかなり大雑把でトンデモ兵器だったかもしれません。でもこういう一見使えそうで実は使えない兵器ってとてもいじらしくて私は大好きなのであります(爆)。

さて、ここからはその噴進砲の製作です。

実は今回、このブログの熱心な読者でいらっしゃいます
「考える愚者」様から有難いことに精密なエッチングパーツのご提供が有りました。

これです。
IMG_3523

小さくて組み立てはかなり大変でしたが、実に噴進砲の特徴をよく捉えた製品ですね。
IMG_3541

裏側も良く再現されています。
IMG_3542

無塗装ですが、ちょっとスポンソンに置いてみました。こんな感じです。
IMG_3546

う~~~ん、これはかなり精密で良い感じです。塗装するのが楽しみですネ!

「考える愚者」様、素晴らしい製品を本当にありがとうございます。

しっかり作品に反映させていただきましたよ!!
000





人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。