特攻兵器「桜花」は自力で離陸することは出来ません。

母機である一式陸上攻撃機に懸架されて敵艦近くで切り離される構造でした。

ですが一式陸攻に吊り下げて何とか離陸することは出来ても、桜花を抱えたままで着陸することは出来ません。

そこで桜花だけは別個に輸送する必要がありました。

当初はその役目を空母「龍鳳」が担う予定だったそうですが、より高速輸送を求めたために最終的に雲龍が選ばれたのだそうです。結果として龍鳳は終戦まで生き残るわけですからこれも運命なのだと思います。

さて本日は桜花を塗装しました。
IMG_9509

小さいです。やばいくらいに小さいです・・・。


で、格納庫に積載するとこのようになります。上段、下段に振り分けてみました。

記録では前部格納庫に30機載せたそうです。
IMG_9515

それにしてもこんな恐ろしい兵器が実際にあったのですね・・・。

作っていてちょっと複雑な気持ちになりました。
000





人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。