まずピットロードのキットで使われている飛行甲板をお見せします。

IMG_3901


IMG_3902

当初は気楽にこの甲板をそのまま使う予定でしたが、先述したようにフジミ専用のエッチングパーツを使ってそれを基準にしたため、いたるところで「ズレ」が生じて使えなくなり自作することにしました。


理由付けのついでですがこれはキットの甲板を横から見たところですが・・・。
IMG_3910

自分の感覚としては明らかに「厚い」のです。計ってみると約1mmありました。

1mmというと私が1/350でスクラッチするときに使うプラ板です。

1/700ではやはりこの厚みが気になるです。

かといって薄く削るというわけにもいきませんのでやっぱりこの理由からも「自作」が正答なのかなあとも思うのです。そこで0.5mmのプラ板を使うことにします。

キットの飛行甲板の大まかな形状には特に問題は見られませんので、そのまま0.5mmプラ板に写し取ります。

IMG_3911

高角砲の位置にあるハネ上げ式の蓋はエッチングパーツの形状を正確に写し取ってカットします。

IMG_3915

切り出した自作の飛行甲板です。

IMG_3916

試しに船体の上に置いてみます。下に見えるのは1/200の図面です(笑)。

IMG_3917

飛行甲板が薄くなって私好みになりました。

次はこの甲板にいろいろと加工を施していきます。

かなりの苦行になると思いますが自分で選んだことですので文句言わずにやります(爆)。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。