約9か月に渡る空母「千代田」の製作が完了し、ようやく完成となりました。

そもそもは昨年の「模型の絆展示会」でゲスト出展頂いた我が師匠である友井保男氏がお土産に持って来られた「1/200 空母千代田」の図面がきっかけでした。

友井氏はこれまでに艦船模型スペシャルでも1/200「空母隼鷹」や1/200「戦艦霧島」を発表され読者の度肝を抜きました。現在は1/200「三隈」を製作中でそろそろ完成との事です。

さて私も千代田は以前から作ってみたいと思っておりましたので有難くその申し出を受け1/200の重鎮である友井さんの意向には逆らってしまいますが1/350に変換して作ることにしました。

この場を借りて友井氏には心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

例によって素材は100%プラ板からのフルスクラッチ製作です。

船体はプラ板のフレームを組んで外板を貼り、艦首と艦尾はプラ板の積層からの削り出しで仕上げました。

飛行甲板はエバーグリーンのスジ入りプラ板を使用。

艦載機はハセガワの後期艦載機セットを使いました。

「曳船」と「飛行機運搬船」はこれもプラ板からのフルスクラッチです。

フィギュアは猿島工廠製の整備兵と水兵のセットを使用しています。

時期設定は昭和19年6月。マリアナ沖海戦直前の補給作業をイメージしています。

これから戦場へ向かうピリピリした緊張感とその前に味わうほんのひと時のゆったりとした時間。

これがうまく表現できたかどうかは分かりませんが、一生懸命に作りました。

技量不足の部分も多々ありますが宜しければ完成写真をお楽しみください。

※各画像はクリックで拡大できます。
1

IMG_6776

IMG_6777

IMG_6781

IMG_6783

IMG_6784

IMG_6788

IMG_6798

IMG_6799

IMG_6801

IMG_6809

IMG_6813

IMG_6817

IMG_6819

IMG_6830

IMG_6824

000







人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。