350 ほーねっと

ブルワークの補強材は全く表現されておらず完全省略でしたのでこのようにプラを細切りして取り付けました。こういうのを面倒がらずにやるだけでグンと実感が出てくるものなんですよ。

1

さらに裏側も全く無表現でツルンツルンでしたので、こちらもプラ材で再現しておきます。

2

さてタイトルに「これはないわな~」と打ちましたが、それがこの部分です。

3

見て愕然としました・・・。ただの直方体やん(笑)。

これはいけません。考える余地も無く、ソッコーで切り落としました。

4

幅に注意しながら開口して切り口を奇麗に整えます。

5

あとはプラバンで丁寧に再現します。

7

後方からもどうぞ。

6

そうなんです、こうでないとおかしいんですよね。

艦橋に仮にセットしてみます。うん、全然リアル感が違ってきますね。

8

さらに細かい修正と加工は続きます。

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いします。