2023年01月

350しなの

お次は高角砲のスポンソン製作です。

ここは手作りならではの手間を加えてみます。

IMG_7084

IMG_7087

IMG_7085

キットでは表現が大雑把になりがちなところまで細かく手を入れて差別化を狙っていきましょう!

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

350しなの

先日より右舷後方の三連装機銃座を作っています。

その裏側の補強構造もプラを切り出して作っているのですが、昨日も言いました通りなかなか面倒くさいものです(笑)。

ですが頑張ってここまで仕上げたらやはりそれなりに達成感も味わえます。

やっぱり苦労に見合った見返りがないとやってられませんね~~(爆)。

IMG_7072

IMG_7073

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

350しなの

昨日に続き右舷後方の三連装機銃スポンソンを製作中です。

今日はその裏側の加工を始めました。

まずスポンソン支柱の接点を三角補強板で取り囲み・・・。

IMG_7068

船体に取り付けてさらに補強板と支柱で強固にしていきます。

IMG_7070

今日はここまででした。

続きはまた明日ですね~。

この作業、プラバンの切り出しから穴開け、そして接着と確かに面倒くさいんですけど情報量が一気に増えますのでなかなかに楽しい作業でもあります。

でも、まあ・・・やっぱり面倒くさいか(爆)。完成後はなかなか見てもらえないですしねえ~~。

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリック
お願いいたします。

350しなの

スクラッチ製作はどこから作るとかいう決まりは全くありません。好きなところから出来るというのは気が楽ですね。

今回の信濃はどうしても艦尾の形状が落ち着くまでは気になりますのでここから攻めていきます。

というわけで右舷後方の三連装機銃スポンソンを作っていきましょう。

0.5mmプラ板を使って形状を切り出し、0.3mmプラ板でブルワークを立てます。

そして出来たのがコレ。

IMG_7057

これを高さに注意しながら船体後方に仮留めしてみます。

IMG_7061

IMG_7065

実際はこのあと例の「厚紙飛行甲板」も置いて慎重にチェックを重ねました。

良い感じの艦尾になってきました。

次はこのスポンソンの裏側に補強構造を取り付けていきます。

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

350しなの

短艇収納口の上部の形状が大和級戦艦とは異なるため、それを支える支持架の長さも微妙に異なってきます。

ですのでタミヤ「大和」のキットに付属する「支持架」パーツはちょっと使えません・・・。

そこでここもプラバンを切り出して自作しました。

IMG_7043

IMG_7044

けっこう繊細な技術が必要ですので思った以上に時間が掛かりました・・・。

というわけで今日は片舷のみとなりました。

明日は反対舷に同じ工作をする予定ですのでブログ更新は無いかもですね~~。

000







人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

↑このページのトップヘ