2021年08月

1/350 空母「蒼龍」製作記

一応ですが、塗装前の最終段階まできました。ホワイトモデルの完成です。

細かい修正点はちょこちょこありますので下地塗装前に詰めておこうと思います。

今回は迷彩塗装ではなく通常の軍艦色になります。

真珠湾攻撃の直前を想定していますので飛行甲板の大きな赤丸は有りません。ちょっと楽です(笑)。

塗装作業に入ったらまたアップします。

それでは画像です。どうぞ。(画像クリックで拡大できます。)

IMG_1682

IMG_1683

IMG_1685

IMG_1686

IMG_1688

IMG_1689

IMG_1690

IMG_1692

IMG_1694

IMG_1695

IMG_1696

IMG_1697

IMG_1698

IMG_1699

IMG_1700

IMG_1701

IMG_1702

IMG_1705

IMG_1706

IMG_1708

IMG_1715

IMG_1716

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。




1/350 空母「蒼龍」製作記

今日で排水溝の取り付けは終了です。

長く単調な作業が続きました。その最後は艦首甲板です。

特にこの矢印の部分、甲板の切り欠き部は複雑ですのでちょっと真剣にやりました(笑)。

IMG_1628

というわけで艦首甲板の排水溝、終了です!!やったね!!

これで今日の記事は終わりなんですけど、ちょっと呆気ないので少し気づいたことを記しておきます。

ちょっとこれをご覧ください。

これは1/700 蒼龍のプラモデルキットのパーツです。

IMG_1633

艦首機銃スポンソンのパーツですね。

赤丸を付けたところをご覧ください。

ブルワーク前面の一部が半円形状に凹んでいることが分かります。

・・・ですが私が今回使用している図面では・・・。

IMG_1632

凹んでいません。点で接してはいますが、食い込んでいることはありません。

この部分を捉えた詳細な画像が有ります。

IMG_1631

この画像を見ても・・・ちょっと凹んでいるようには見えないんですね・・・。

ブルワークは一直線に見えます。

年次によって改修されたのかもしれませんし確証も有りませんので何とも言えませんが、私は「凹んでいない」説を採りました(笑)。

IMG_1630

※個人的な素人解釈です。信じないでくださいね(笑)。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



1/350 空母「蒼龍」製作記

なんか・・・今日のアクセス数が異常です・・・。

いつもの倍、300近いんですけど、何かあったんですかね?理由が分からない・・・(笑)

久しぶりの神戸でのオリックス戦、実は昨日のチケットを買っていたのですが雨で中止。

残念でした。今日はやってるんですけどやっぱり雨ですね。ほんと毎日雨、いやになりますね。

さて仕方ないので(?)本日の作業です。

空母の飛行甲板のフチには排水溝が張られています。

d3c267dd

この模型でも先日、試しにエッチングパーツを使ってみたのですが、ちょっと自分のイメージしている物とは違いましたので悩みましたが取っ払いました。

そして自作に切り替えたのですが、これがなかなか地味~~~な作業なのです。

取り付けるのはこの位置です。

IMG_1344

0.5mmプラ棒を細かく刻みます。

IMG_1345

これを等間隔に取り付けていきます。

IMG_1347

そして一括でカット!!

IMG_1348

今度は0.3mmプラを1mm幅で切り出します。

IMG_1349

これを貼り付けて端を閉じます。

IMG_1350

この作業を延々と繰り返していきます。

IMG_1353

飛行甲板を置いてマッチングテストです。

IMG_1355

かなり自分の中のイメージ通りになりました。満足です。

IMG_1362

この作業はあと一日、艦首甲板で終わります。

地味で退屈な作業ですが、もうちょっと頑張ります。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。




1/350 空母「蒼龍」製作記

格納庫の製作は終了しました。

で、今日は何をするかという事ですが・・・。

あんまり面白くないので気は進まないのですが、必要ですのでやっておきます。(笑)

取り立ててブログでご紹介する作業でもないのですがご容赦ください。

まず、この画像です。

IMG_1320

第3エレベーターの開口部ですが、実はこの周囲には縁取られています。それを表現します。

プラペーパーを細く切り出します。
IMG_1321

最初に四辺にこのペーパーを貼り付けます。

IMG_1324

そして四隅には四角くカットしたペーパーを貼り付けます。

IMG_1325

デザインナイフで内側を丸くカットします。これは簡単です。

IMG_1327

次に外側を同じ幅でカットしていきます。

これは幅が狂わないように慎重に行います。

IMG_1328

あとは直線部分との境目を消すために軽くペーパーを掛けておきます。これで完成です。

ちょっと分かりにくかったですかね?

IMG_1335

一番深い角度から第3エレベーターを見てみます。

格納庫の奥行きが感じられれば成功ですね。

IMG_1339

久しぶりに直上からの一枚です。

う~~~ん、蒼龍はグッドスタイルですね~~~~。

IMG_1341

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



1/350 空母「蒼龍」製作記

今回の蒼龍では第3エレベーターのみ「下げ」状態に設定します。

そうなりますと僅かですけど開口部から格納庫の一部が見えるようになります。そこで格納庫の見える範囲だけはそれらしく作り込んでおく必要が有ります。

ここは格納庫の最後端の壁になります。(矢印部分)

IMG_1298

ここも少し見えることになりますので追加工作が必要ですが、ここに直接作り込むのはちょっと難しいです。

そこで0.3mmプラ板を壁の大きさに切り出します。そこに梁などを作り込んでいきます。

IMG_1296

その出来上がったパーツを先ほどの箇所に貼り付けます。この方が圧倒的に簡単です。

IMG_1306

飛行甲板を乗せてチェックです。

やっぱりちょっと見えますね。オッケーです!

IMG_1308

側面も同じです。

このようにあらかじめ梁を作っておいてから・・・。

IMG_1310

貼り付けます。(矢印部分)

IMG_1315

もう一度飛行甲板を置いて再チェックです。

IMG_1317

よくよく覗いても、見えるのはこのくらいまでなんですよね。

そこまで神経質にならなくても良さそうです(笑)。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。





↑このページのトップヘ