2021年06月

土曜日・日曜日は1/700 オク用「瑞鶴」の製作日です。

ず~~~~っと飛行甲板脇の排水溝を作っていたのですが、さすがに飽きてきました(笑)。

そこで今日は艦尾両舷に突き出た着艦標識の部分を作ります。

瑞鶴の場合はパンチングメタルを使うとリアルになります。

ちょうどいい具合にエッチングの切れ端が余っていました。

ここから2枚分くらいは取れそうです。

IMG_3177

ハサミで丁寧に切り抜いて裏側に骨組みを入れます。

ちなみに使ったのは0.3mmプラ棒です。

IMG_3185

表から見るとこうなります。

穴から骨組みがうっすらと透けて見えるのが分かるでしょうか?

IMG_3187

飛行甲板に取り付けます。

・・・と同時に0.3mmプラ棒で補強を組んでいきます。

IMG_3191

比較用の1円玉からも想像できると思いますが、これはかなり細かい作業になります。

拡大鏡無しでこれが組めたことはちょっと自分に自信が持てました(笑)。

IMG_3192

船体に被せてみます。

ひゅう~~~、トラス好きの人にはたまらん感じかなあ。

IMG_3196

時間のかかる作業ですので今日は片方しか出来ませんでした。右舷側はまた来週ですね。

エッチングを使わず、プラでもこのくらいまでなら可能ですよ~~~という事をお伝えしたかったのです・・・。


なかなかペースが上がりませんね。いつになったらオークションに出せるのか見当もつきません(爆)。

まあ・・・ゆっくりマイペースで作りますね。


明日からは1/350 空母「蒼龍」製作記に戻ります~~。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



土曜日・日曜日は1/700 オク用「瑞鶴」の製作日です。

先週に引き続き(やらなくてもいい)排水溝の加工をやっていきます。

それほど高度な作業ではありませんが順を追って説明します。

溝の部分を0.5mmプラ棒で表現します。

IMG_3149

0.3mmプラ棒の細切れを等間隔で取り付けていきます。

IMG_3151

ハミ出した部分はカッターで切り落とします。

IMG_3153

落としたプラ棒はかき集めて使えるヤツは再利用します。

プラストラクトのプラ棒は高価ですので無駄にはしません(爆)。
IMG_3156

これが表から見た状態です。

IMG_3164

新たに長い0.3mmプラの細切りを用意します。
IMG_3165

これを飛行甲板の端に貼り付けていきます。

IMG_3167

完成です。あくまで簡易表現ですが情報量は増えますね。

IMG_3171

まあ、それでも1/700には必要ないのかもという自問自答は続きます(笑)。

苦労多くして効果少なし・・・。

でもここまでやったら最後までやらないといけませんので明日も頑張ります。

ん~~~、あんまりおもしろくない
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。





1/350 空母「蒼龍」製作記

中央部分の加工が終わりましたので端の部分を仕上げていきます。

そしてこのようになりました。
IMG_3147

赤丸の部分だけはこのような構造になっているようです。

何故なのかは不明ですが、蒼龍の艦尾を捉えた写真でもこの構造の一部が見えますので間違いないのかなと思います。

明日、あさっては1/700 オク用「瑞鶴」の製作になります!
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。


1/350 空母「蒼龍」製作記

地味な作業が続いています。

今日で中央部分のガーダー&ビームの取り付け作業は終わりました。

IMG_3133

このあとは端の部分の処理になります。これがまた複雑で・・・(笑)。


ちょっと仮置きして見上げてみましょう。

IMG_3140

う~~~~ん、壮観!!(爆)
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。


1/350 空母「蒼龍」製作記

0.3mmプラ板にピンバイスで等間隔に穴を開け、そして細く切り出します。

それを飛行甲板裏に平行に取り付けていきます。

IMG_2763

次に横方向の梁を短くカットして間を埋めていきます。

IMG_2766

明日以降もこの地道な作業は続きます・・・。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



↑このページのトップヘ