2021年02月

1/350 空母「蒼龍」製作記

右舷後部を製作しています。

この部分の図面の読み取りは本当に難しいです・・・。

毎日毎日、お風呂の時も仕事の休憩中もず~~~っとこの部分の複雑に重なり合った構造を考えていました。

そして一定の結論を得ましたので一気に製作にかかりました。

ほぼ図面に沿った形になっているのではないかと考えます。
IMG_5300

IMG_5301

IMG_5302

IMG_5303

ここまで出来ればかなり安心します。

明日からは裏側の補強の取り付けという単純作業ですので熱くなった頭を冷やすことが出来そうです(笑)。

それでは!
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

1/350 空母「蒼龍」製作記

これまでは前から後ろに向かって作ってきましたが、ここは逆に後ろから作っていきます。

これが現状です。
IMG_5288

この赤丸部分に「探照灯格納所」を取り付けます。

ここは独特の半円形状となっていますのでちょっと工夫が必要です。

0.5mmプラ板を組み合わせてこのように・・・。
IMG_5289

補強を入れて。
IMG_5290

仕上げます~。
IMG_5291

船体に取り付けます。
IMG_5293

さらにこのような複雑な形状の立体を作って・・・。
IMG_5295

先ほどの格納所の真上に取り付けます。
IMG_5296


この立体の区分けはこのような部屋になっています。

最後に後部機銃スポンソンを取り付けます。

これで一応の「面取り」は終わりました。
IMG_5298

真横から見てみます。
IMG_5299

ややこしい組み合わせになっていますね・・・。

凝りに凝りまくっている蒼龍の船体形状、面白いですね。

形にするのは大変ですが、受けて立ってやろうじゃないの(笑)。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。





ちょっと遅れましたが、実は先日2月12日にカレーを食べました。

先日、うずらの未来プロジェクトの為平代表から呉のお土産で頂いた「海自カレー」です。
1

なんで2月12日に食べたか?その理由、皆さん分かります???

実はこの日は「レトルトカレーの日」だったのです。

何故そう呼ばれるのか?・・・・それは知りません(笑)。

これです、実に美味しかったです!
2

ごちそうさまでした!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1/350 空母「蒼龍」製作記

さて、本日からはまた蒼龍製作に戻ります。

まず、この簡略図面でパーツバランスを確認します。
3

この赤丸付近は本当に解釈の難しい部分で、なかなか確証のないところなのですが縦横の位置関係から推測も加えて立体化していきます。

・・・でこのように表現しました!
IMG_5282

この赤丸部分には無線楼が立ちます。

その「受け」の部分を強引に吸気トランクの真上に取り付けています。

スペースの使い方に苦慮した跡が偲ばれますね(笑)。

IMG_5283

IMG_5284

素人解釈にしてはなかなか上手くまとまった気がします。

右舷側の製作はかなり進みました。もうひと頑張りですね。
IMG_5285

ではこれから録画していた「監察医 朝顔」観ます~~。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



今日はバレンタインデーです!

というわけで奥さんが買ってくれました。

   「6種の贅沢 フルーツロール」
IMG_5267

むふふ・・・早速頂きましたよ
IMG_5268

美味しそうでしょう?

実際・・・めっちゃくちゃ美味しかったです!

明日、もう一切れ残っているのです!嬉しい(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土曜日、日曜日はオク用「瑞鶴」の製作日です。

さて、美味しいスイーツを頂いた後は真面目に製作です。

右舷側をどんどん仕上げていきます。
IMG_5272

この辺りは特に「1/100瑞鶴」模型の写真集で詳しく図面化されていますので助かります。

IMG_5277

キットオリジナルのパーツを活かしつつ、どんどん追加作業を積み上げていきます。

ちなみに赤丸部分は「噴進砲」が搭載されます。

今回は最終時の瑞鶴ですので艦首右舷には噴進砲が搭載されます。

逆に左舷側は船体後部になっているようです。
IMG_5278

もうちょっと作業したかったのですが今週はこれで時間切れです。

明日からはまた1/350 空母「蒼龍」の製作に戻りますよ!!
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



土曜日、日曜日はオク用「瑞鶴」の製作日です。

今回の瑞鶴では可能な限りオリジナルのパーツを活かすというテーマもあります。

タミヤらしい非常に正確な船体形状ですが、ただ古いキットですのでどこを活かし、どこを落とすか・・・そのさじ加減は確かに難しいですね。

これは右舷側、艦橋直下のパーツですが、不要なモールドは全て切り落とした状態です。
IMG_5257

このパーツを軸にしていろいろ肉付けしていきます。
IMG_5260

艦橋下は目が行きやすい場所ですので入念に作り込んでおいたほうが良いでしょう。
IMG_5262

キットの艦橋を組んで、飛行甲板に載せてバランスチェックです。
IMG_5264

・・・・・まあまあ良いんじゃないでしょうか(笑)。
IMG_5265

飛行甲板と艦橋については~~ちょっと手を入れたら使えそうでも有るのですが、やっぱり「新規作り直し」という判断になりそうです・・・。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。



↑このページのトップヘ