特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2019年07月

本日は奥さんと私の二人の誕生日を兼ねてお食事に出かけました。

ご近所の浪漫珈琲倶楽部 神戸館です。
イメージ 1

何かあるとここに来ますね。落ち着いた空間がお気に入りなのです。

ランチをいただきましたが雑穀米のごはんでとてもヘルシーで美味しいですよ。

また、ここ浪漫珈琲倶楽部 神戸館は模型サークル
「模型の絆」のホームグラウンドでもあり、不定期でミーティングという名のお茶会を開催しております(笑)。

さらに今年の秋には第三回目の展示会開催も決まっていますよ。
イメージ 2

さて1/700 空母隼鷹 解体ジオラマの進行状況ですが・・・。

まず空母「龍鳳」の解体写真をご覧ください。
イメージ 3

浮いた状態なのですが赤丸部分には船体を支える棒が見えます。

ここは模型にも採用させてもらいましょう。

で・・・画像です。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

ここからは解体資材(ガレキ)をどんどん作っていきます。

ひっぺがした飛行甲板などはインパクトあると思いますね。

今日は奥さんの誕生日です。

来月の僕の誕生日と兼ねて食事に行く予定なので今日のところはコンビニスイーツでささやかなお祝いです(笑)。

イメージ 1

ちなみに模型製作机と飲食テーブルは兼用です。ウチの場合(爆)。

プリンのパフェです。めちゃ美味いです!!

さて本日は作業時間が1時間も取れなかったのでちょっとだけ製作。

作業用の浮台です。スジ入りプラバンから作りました。
イメージ 2

THE 設置!!
イメージ 3

角度を変えて・・・。
イメージ 4

ヒジョーに良いアクセントになってお気に入りです。

もうちょっと時間が欲しかったですねえ・・・。

ベースとは別に製作していた船体ですが、ついにベースに固定しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

次はドック内にメディウムを注水します。

また、外洋も塗装しますがドック内とは少々色味を変えないといけません。

どう工夫するか考えものですね。

起重機や建屋のすべてを塗装しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

多重塗装はその加減が難しいのですが納得できる範囲内で仕上がりました。


本題の前にちょっと余談を。

昨日はまたまたプロ野球観戦でした。

いつもは内野または外野の自由席で観戦するのですが、ちょっと臨時収入が有ったもので今回は少し奮発して指定席を購入しました!

イメージ 1

今日こそ勝ってくれよと意気込んでいたのですが・・・。

イメージ 2

なんとまあ6回までノーヒット、守ってはエラーが2つ。

  毎度毎度えーかげんにせいよ(笑)

まあ、オリックスの生観戦は勝ち試合に当たれば儲けもの!くらいの感覚でいないとダメなんですが。

  しかし、どんなに弱くても花火は上がるし。
イメージ 3

    フーセンも飛ぶ!!
イメージ 4


   しかし・・・お客さんは帰る(爆)。
イメージ 5

結局この日も元気なく2-5で敗れてしまいました。

でも、どんなに負けてもやっぱり観に行ってしまう。洗脳されてんなあ・・・。

  意地を見せろ!オリックス!!

そしてそのまま恒例の疲れ倍増の夜勤へGO!!です。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて本題です。

実は先日こんな書籍を購入しました。
イメージ 6

学研「歴史群像」というシブい本。

実は今号の別冊付録「ボードゲーム」が欲しかったのです。

発売中の書籍ですのであまり詳しくお見せすることは出来ませんが。

要するにマップボードとコマを使ったシミュレーションゲームです。

これが表裏の2本収録されています。

第二段作戦 日米空母決戦1942(2人用)

マレー沖海戦(1人用)

詳しいルールブックも付いています。
イメージ 7

ただし・・・サイコロ、これはいただけない(笑)。
イメージ 8

当たり前ですが紙製でペランペラン。

ん~~仕方ない。スクラッチしますか・・・。

というわけでプラバンでサイコロをスクラッチ製作しました。

まあ、立方体はスクラッチの基本ですので初心に帰る良い機会です。

イメージ 9

そして、完成どすえ。
イメージ 10

で、ルールブックを熟読して1人用ゲームの「マレー沖海戦」をテストプレイしてみました。

これは日本軍プレーヤーとして「プリンス・オブ・ウェールズ」「レパルス」を航空機で攻撃するシミュレーションゲームです。

や・・・やばい。

  なにこれ、おもろい(笑)。

サイコロの目が重要なのでプレイするたびに無限に結果は変わってくるはずです。

展示会に向けて模型製作しないといけないのに、こんなことやってる場合じゃないんだが(笑)。

こうなると2人用ゲーム「第二段作戦 日米空母決戦1942」もやってみたいですね。空母野郎としては見逃せないゲームです。

どなたかルールを覚えた方、機会が有れば是非お手合わせをお願いします(笑)。



↑このページのトップヘ