2018年09月

伊吹に限らずですが日本空母の艦尾には集中して艦載艇を収容しています。

そのため置き場の幅が足らず両舷拡張してスペースを広げています。

これがその実艦画像です。
イメージ 1

陰影のせいで形状が掴みづらいですが、そこは資料に従います。

ベースである巡洋艦のキットには当然この部分は有りませんのでプラ板で自作していきます。

まず床面部分を現物合わせで切り出します。
イメージ 2

この部分は複雑な面構成で閉じていきます。

始めに一番大きな面を取り付けます。
イメージ 3

これを基準に左右の面を閉じます。
イメージ 4

実艦画像と同じようなアングルから見てみます。
イメージ 5

いい感じに仕上がりました。これでオッケーです。

時間が有ったので反対側も作っておきました。
イメージ 6

い・・・良いんじゃないでしょうか?(笑)。

船体を展示ベースに固定するためのナットの埋め込み作業です。

今回はわざわざ記事にするような内容でもないのですが、一応作業記録として残しておきます。

全然面白くない内容ですので期待しないで下さい(笑)。

始めに1mmプラ板を3枚重ねて接着します。
イメージ 1

中央に太いピンバイスで穴を開けます。
イメージ 2

ここにナットの下書きをします。
イメージ 3

デザインナイフで下書きの通りに穴を広げていきます。
イメージ 4

ナットをはめ込みます。
イメージ 5

ナットが飛び出さないようにフタをします。
イメージ 6

船体に固定してボルトを通します。
イメージ 7

同じ物を4つ作って取り付けます。
イメージ 8

甲板と干渉するところは穴を開けて通します。

ボルトが飛び出しますが、ここは格納庫で隠れるので問題ありません。
イメージ 9

今日はこの作業だけで終わりました。

面白くなかったと思います。ごめんなさい(笑)。

艦首甲板と艦尾甲板の構造は巡洋艦のものとは異なりますのでキットパーツは使わず(そもそも欠品ですが(笑))プラ板を切り出してベースとします。
イメージ 1

仮組みしてみます。ピッタリです。
イメージ 2

さらに巡洋艦には当たり前のこの魚雷発射管の開口部ですが残念ながら空母には不要な物です。
イメージ 3

面倒ですがこれを塞いでしまいます。

まずは開口部周囲の凸モールドとカタパルトの基部の突起部分を全て削り落とします。
イメージ 4


これらの穴の形状に合わせてプラ板を切り出してはめ込みます。
イメージ 5

僅かな隙間には溶きパテを盛ります。

また同時に舷窓をパテで埋めます。伊吹にはほとんど舷窓は有りませんので・・・。
イメージ 6

パテが乾いたらペーパー掛けをしつこく繰り返します。

ラッタルなどの細かいモールドは全て消えますが気にしません。後で何とでもなります(笑)。
イメージ 7

これで綺麗さっぱりになりました。

反対側も同様にやっておきましょう。

いよいよ空母「伊吹」の製作を始めます。

今回はタミヤの1/350「三隈」の船体を使います。

船体の左右を張り合わせて船底板を取り付けます。

ここでいきなり難題が・・・。

実はメーカーさんに問い合わせたところ、この左右パーツを固定する補強パーツが欠品で今後の入荷予定も立たないとの事。

補強パーツ無しではグニャグニャですから何とかしなければいけません。

5mmあたりのプラ棒を渡して簡単に済まそうかとも考えましたが、船体の強度は最も大事なことですし後からやり直すことも出来ません。

ここはやっぱりプラ板から補強パーツを切り出すことにしました。

単純な長方形なら問題ないのですが、舷側の形状は複雑なので一個一個すべて現物合わせで切り出していきました。

いきなり骨の折れる作業でした・・・。

そして出来上がったのがこちら!
イメージ 1

これでかなり船体はカッチリしてきましたよ。

次は艦底にボルト穴を開けましょう。

30cmシリーズ「翔鶴」が完成してつかの間の模型無しの生活を堪能してきました。

まあ、その間も次回作については頭の片隅にあったんですけどね。

3つの選択肢からやっと絞りました。

次回作は・・・・

      空母「伊吹」です。

今、旬の空母「いぶき」ではなく伊吹です。

「いぶき」を期待された方、申し訳ございません(笑)。

空母「伊吹」は巡洋艦の船体をベースに戦況の悪化もあって空母に改造されましたが、工程80%の時点で作業は中止となりそのまま未完成のまま終戦を迎えた幻の空母です。

正規空母でもなく、商船改造空母でもないその独特のフォルムが特徴で艦船模型ファンの間ではけっこう人気の高いフネなんですね。未完の割に・・・。

自分も大好きです「伊吹」。今回はコレに決定です。

でも製作時間の手間を省くため船体はタミヤ1/350「三隈」を利用します。

イメージ 1

上部構造は全てスクラッチになります。

現在資料を収集中です。

とはいえ未成艦なので資料は多くはありません。

想像力、空想力、妄想力をフルに発揮するしかありません(笑)。

作業を始めたらまた時々アップしていきますね!

↑このページのトップヘ