特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2018年09月

伊吹の飛行甲板支柱は極太です。

これがこの空母の特徴の一つでもあります。

使うのは2mm棒です。
イメージ 1

これを2本貼り合わせて・・・。
イメージ 2

0.5mmプラバンで継ぎ目を隠すと・・・。
イメージ 3

支柱が出来上がります。
イメージ 4

これをこの4箇所に立てていくワケですが。
イメージ 5

事はそう簡単な話ではないんですよ。

ひとまず実艦の写真を見てください。
イメージ 6

この赤丸の部分、支柱が半分はみ出してしていますよね。

これを再現するのが大変でした。

現物合わせしかありませんので慎重に削り込んでいきました。

そして出来上がったのがこちら!
イメージ 7

すいません、自己陶酔しています。はっきり言って大満足です(笑)。

苦労した甲斐がありましたよ。

さらに奥の2本も立てました。
イメージ 8

角度を変えて見てみます。

いい感じに仕上がって一安心ですねー。

ちなみにフェアリーダーも自作ですよ。

イメージ 9

さて、次はどこを作りましょうか?

キットの船体を大改造する際に船体のモールドは全てペーパーで削り落としてしまいました。これはセミスクラッチには避けられないことなのです・・・。

しかし、ツルッツルのノッペラボウな船体のままというワケにはいきません。

そこでまず外板表現から修復していきます。

とはいえ大袈裟なことはしていません。短冊切りしたプラペーパーを貼っただけのお手軽修復です。

艦前半部分
イメージ 1

艦後半部分
イメージ 2

艦全体
イメージ 3

キット部分がさらに見えなくなってきました(笑)。

現段階では色合いの違いから目だって見えますが、サフ吹きしてジャーマングレー一色で下地塗装すればかなりいい具合になりますよ。

さて・・・・次はちょっと大変な作業になります。

上手く出来たらまたアップします。


日本の軽空母には珍しく伊吹は甲板上に島型艦橋を備えています。

ただ、飛行甲板の狭さはどうしようもないので、艦橋は大きく舷側に張り出して設置されました。

今日はその張り出し部分の基部を作りました。

途中経過はカットです。撮ってる余裕がありませんでした。(笑)。

現物合わせの連続で無駄弾もたくさん撃ってしまいました・・・。

で、出来上がったのがこちら。
イメージ 1

雲龍型のような湾曲部分は皆無です。

直線のみの構成です。
イメージ 2

裏側から見てみます。隙間が出ると最悪なのでなかなか苦労しましたよ。
イメージ 3

ここでマッチングテストのために紙で甲板を切り出してみます。

使ったのはタミヤのプラバンが入っている台紙・・・。

自称「プラバン消費量日本一の男!」ですからね、ワタクシは・・・(笑)。

この台紙は山ほど持っています(爆)。

イメージ 4

ちょっと船体に被せてみます。

少しイメージが沸いてきましたよ。
イメージ 5

製作を続けまーす!

伊吹のベースとなる船体の大枠(土台)作りが終わりました。

キットを使いましたので楽でした!

・・・・・と、言いたいところですがこれはこれで大変でした。

まず、加工前。

タミヤ 1/350「三隈」の船体を組んだところ。
イメージ 1

そして出来上がった伊吹の船体。
イメージ 2

元キットとプラバンとの継ぎ目を消すことが最大のテーマです。

その辺はかえってフルスクラッチのほうが楽だったかもしれません(笑)。

伊吹の船体には大きなバルジが装着されています。

空母は飛行甲板とか艦載機とかでトップヘビーになりがちです。

巡洋艦の船体のままでは不安定ですので復元性を増すために取り付けられた意味合いが大きいバルジです。

位置的にはこの辺りです。
イメージ 1

また戦時急造型のため取り急ぎ巡洋艦時代の元々のバルジの上から被せるように取り付けています。まさに取って付けたという表現がピッタリです。

この図にあるように真っすぐではなく下に広がるように角度が付いていますね。
イメージ 2

実艦でもしっかり確認できます。赤丸の部分です。
イメージ 3

では工作してみます。

まずプラバンに下書きします。
イメージ 4

左右2枚切り出します。
イメージ 5

バルジに角度を付けるためにスペーサーを切り出します。
イメージ 6

位置に気をつけながらスペーサーを取り付けます。
イメージ 7

バルジを取り付けます。
イメージ 8

形状を確認します。・・・変な形ですけど実際、こうなんですよ(笑)。

取り付け角度もチェックします。オッケー牧場です(笑)。
イメージ 9

それでは反対側も同様に作業しますね。

↑このページのトップヘ