特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2018年04月

これは救命浮標と呼ばれるおなじみの装備です。
イメージ 2

この救命浮標についてはエッチングに頼る予定でした。

しかし、ネット検索するとどこも在庫切れ。

まあ、ヤフオクにはかろうじて出品されているのですが・・・。

700なら無理ですが350なら何とかなるかなと自作に挑戦してみます。

0.5mmプラ板から浮き輪を作ります。
イメージ 1

0.3mm棒でフレームを組みます。
イメージ 3

塗装して仕上げます。
イメージ 4

浮き輪をフレームに入れてみます。
イメージ 5

若干フレームが太いのが気になるのですが、これ以上細くは作れません。

技術の限界です・・・。_| ̄|○

・・・・気にせず(笑)船体に取り付けます。
イメージ 6

オーバースケールではなさそうです。安心しました。

そろそろ艦尾は完成させないといけませんね。

空母の艦尾にはこのような十字型の信号灯が設置されます。

ちなみにこれは飛龍の艦尾のイラストです。
イメージ 1

おおむねこのような形状になっています。

さて、天城の場合はこの位置になりそうです。
イメージ 2

では0.3mm棒を使って作ってみます。
イメージ 3

電光部は赤・緑・白のの3色に発光するようです。
イメージ 4

船体に取り付けてみましょう。
イメージ 5

実際には光の組み合わせや色の数によって速度や作戦行動の指示を後続の艦に伝えていたそうです。

こういう小物が付くと少しの作業でも嬉しくなりますね(笑)。

前回の着艦誘導灯を仕上げましたのでアップします。
イメージ 1

なお、航空機からの進入角度は約6度ということですので、それなりの角度をつけて取り付けます。

分度器で測ったわけでは有りませんが(笑)。
イメージ 2

さあ!いよいよこのあたりで菊花紋章を取り付けますよ!!

まずは型取りした「おゆまる」を用意してパテを詰めます。
イメージ 3

こうして取れた菊花紋章がコレです。
イメージ 4

バリを取ってゴールド塗装、そして艦首に取り付けます。
イメージ 5

じ~~~~んと来ませんか?

やっぱり感動しますね(涙)。

日本空母の誇るべき装備「着艦誘導灯」を作ります。

0.5mmでは太いです。やはりここは0.3mmで勝負。

接着面積が少ないので苦労します。
イメージ 1

トラスを組んで仕上げます。
イメージ 2

同じく0.3mmで電光部を作ります。
イメージ 3

トラスの上に取り付けて、大小2基作ります。
イメージ 4

位置的にはこの2箇所に取り付ける予定です。
イメージ 5

さて左舷側も同じく2基作らないといけませんね・・・。

昨日、試作した遮風柵です。
イメージ 1

ジャーマングレーで下地塗装
イメージ 2

一旦、飛行甲板に戻します。
イメージ 3

迷彩に沿ってマスキングします。
イメージ 4

迷彩塗装して戻します。うっすらとですが迷彩の跡が見えますか?
イメージ 5

これを立てて固定します。
イメージ 6

ここで参考のために購入した1/700キットの飛行甲板を見てみます。

赤丸部分は柵を立てる際の牽引ワイヤーのモールドです。
イメージ 7

これを立体的に再現してみます。

まず0.2mmピアノ線とプラ材で牽引パーツを作ります。
イメージ 8

遮風柵本体に取り付けていきます。
イメージ 9

時間的に3つしか作れませんでした。

あと2つ作らないといけません。

塗装済みの甲板を汚せないのでけっこう神経を使いますよ・・・。

↑このページのトップヘ