2017年12月

艦首はプラ板の積層からの削り出しで作っています。

そのため僅かですがスジのようにプラの重ねた跡が残っています。

それを完全に消してツルツルにするために一旦パテを盛って、乾いてから400番~800番~1500番とペーパーを掛けて最終整形します。
イメージ 1

裏返して見て凹凸やスジが無ければOKです。
イメージ 2

ここからはやり直しの効かない緊張の作業です。

まずこの位置にピンバイスで穴を通します。

手際良くやらないとズレたりパテがひび割れたりするから要注意です。
イメージ 3

開けた穴を楕円状に整形して、プラ棒でベルマウスに仕上げます。
イメージ 4

チェーンを通してテストです。きっちり通っています。

これで大丈夫です。
イメージ 5

うう~~~ん、ヒジョーに疲れました。精神的に・・・。

そろそろ船体を台に固定するためのナットを取り付けておかないといけません。

やや遅かったくらいです(笑)。

これを取り付けないと上部構造の製作が出来ないですからね・・・。

では順を追って画像をご覧下さい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

というわけで一箇所目はこれで完了です。

天城のサイズならあと4箇所くらい取り付けたらガッチリ固定出来そうです。

右舷側の後部まで、とりあえず構造物は全て取り付けました。

細部の作り込みはまた艦首、艦尾が出来てからの事になります。

一応左右の大きな構造物が形になって一安心です。

ちなみに右舷後部の実艦はこのようになっています。
イメージ 1


模型ではこのように表現しました。
イメージ 2


細かい部分を作り込めばかなり近づけるのではないでしょうか?

やっと根気作業からしばらく開放されます。

次は全く趣の異なる作業がしたいですね(笑)。

ここまで作った高角砲座に実際に上手く収まるかどうかのテストを行います。

使ったのは先日購入したコレ。

日本海軍艦船装備セットA

イメージ 1

この12.7cm高角砲を1基作ってみました。
イメージ 2

これを5番高角砲のスポンソンに置いてみます。
イメージ 3

問題は無さそうですが・・・。

実はこのセットに入ってる12.7cm高角砲は2つだけ(笑)。

天城には6基有りますので・・・。

結局全体の仕上がりを揃えるためには6基全部スクラッチするしかないのかなあ。大変だわ、こりゃ。

天城には12.7cm高角砲が6基搭載されています。

その中で5番高角砲(右舷最後部)だけ、スポンソン形状が他の5基とは異なります。

イメージ 1

画像右側が5番高角砲座です。

正円形になっていることが分かります。

必然的に周囲の形状も複雑になってきますね。

直線形状が多い中、こういう曲面の製作は意外と難しいんですよ・・・。
イメージ 2

さらに裏側です。ここも手を抜けません。
イメージ 3

支柱受けはプラ板積層を削り出して作っています。

パテは楽ですが、やっぱりプラにはプラ同士の方がフィット感は良いですね。

↑このページのトップヘ