特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2016年05月

艦尾の機銃座を作りました。
イメージ 1

また、格納庫裏の通路も取り付け。
イメージ 2

飛行甲板と合体させてみます。
イメージ 3

奥まで良く見えますが、後々ここには内火艇を並べるので光景は変わってきます。
イメージ 4

真後ろから見てみます。
大鳳の場合、かなり左側にオフセットしているのが分かりますね。
イメージ 5


飛行甲板の裏側の補強を仕上げます。

艦尾には機銃座も有り、それが支柱と一体化してしているのでそこまで繋げて作ります。
イメージ 1

支柱は真ん中はまっすぐですが、左右は斜めになっているので角度に気をつけて取り付けます。
イメージ 2

船体に仮置きしてみます。

ああ~~、やっぱり下から覗くとかなり見えるなあ・・・。
イメージ 3


空母模型の見所の一つ、飛行甲板の裏側製作に掛かります。

非常に手間の掛かる作業なんですが、大鳳の場合は艦首側はエンクローズドですので、作業は艦尾側だけとなります。ラッキ~!

まず大きな梁とクレーンレールから取り付けます。これが基準となります。
イメージ 1

ここからは修行のような作業です。

0.5mmプラ板に穴を開けていきます。
イメージ 2

これを幅2mmで切り出します。
イメージ 3

そしてあとは現物合わせでカットして平行に取り付けていきます。
イメージ 4

まだまだ作業途中です。

完成したらまた更新しますね!

飛行甲板が繋がって、いよいよ大鳳がその姿を現しました。

分かりづらいですが飛行甲板は全部スジ彫りしましたよ!

2月から始めて3ヵ月半でここまできました。

さすがにこの姿を見るとジ~ンときますね。

やばい・・・かっこいい!

           ではど~ぞ。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


ずっと気になっていた部分を仕上げます。

大鳳最大の特徴である艦首です。

まず先端部分だけを取り付けます。

ここはホワイトに塗られる部分で艦首波欺瞞塗装というそうです。
イメージ 1

ただ、ここは貼り付けただけではダメなのです。

横から見てみましょう。
イメージ 2

赤丸の部分を少し下げてあげる必要があります。

そこで注意しながらペーパーを掛けます。

そしてこのように仕上げます。
イメージ 3

これでOKです。

次に飛行甲板です。

あまりに長大なのでブロックごとに小分けして作って行きます。

今回の大鳳は木甲板仕上げにします。

まずPカッターで筋彫りをしていきます。
イメージ 4

全体の1/3くらいを形にしてみました。
イメージ 5

仮に取り付けてみます。
イメージ 6


けっこういい感じです。

イメージ 7


それでは中盤部分の飛行甲板の製作に移りましょう。

ではまた!!

↑このページのトップヘ