2015年03月

かなり苦痛でした。

舷窓作り・・・。

一応これでOKです。

なお、クローズドウィンドウは両舷とも艦首に集中しています。

左舷艦首
イメージ 1

左舷艦尾
イメージ 2

右舷艦首
イメージ 3

右舷艦尾
イメージ 4


さて、実は龍鳳の羅針艦橋の前にはこのように2棟の「機銃員待機所」が並んでいます。

これはプラモの箱絵には描かれていなかったのですが、模型的には空間を埋めるためにも是非とも作りたい部分ですね。

ただ・・・こんなところに建てたら、ますます艦橋からの視界が悪くなるような気がするんですけど・・・。
イメージ 5

さらに、うっかり忘れるところでしたこの部分。
イメージ 6

ここはチェーンを巻き上げやすくする為(?)斜めにカットされています。

細かい部分ですが説得力は増しますね。

それではまた!

龍鳳の丸窓はとってもたくさん有ります。

もう数えるのがイヤになるくらい。

しかも喫水線のすぐ上の窓に関しては全てクローズドウィンドウになっています。

つまりたくさんの窓蓋を作らないといけません・・・。

ここで秘密兵器が登場です。

ハセガワのモデリングポンチ!!
イメージ 1

0.2mmプラシートに、これでどんどん切り出します!!

ポンポンポンポン・・・・。
イメージ 2

直径1.5mmの円形がたくさん出来ました。
イメージ 3

これを喫水線のちょっと上に貼り付けていきますよ。
イメージ 4

窓の加工は明日以降も続きます・・・。

けっこう飽きてきました。ぐぶ~~~
イメージ 5

右舷側の特徴としては、クレーンの基部の格納庫でしょう。

1/700のキットではこのようになっています。
イメージ 1

しかしちょっと形状が違いますので、プラの積層から削り出して作ってみます。

で、出来上がったのがコレ。
イメージ 2
イメージ 3

これを所定の位置に取り付けるとこうなります。
イメージ 4

最後部はシャッターとなっているようです。

開けると後部エレベーターが丸見えということになりますね・・・。
イメージ 5

最後に後部右舷の全体像です。

まずまずの納得度です。
イメージ 6

ブルワークなどを切り出して、滑り止めエッチング貼り付け。

飛び出している筒状の物は電探格納庫です。
イメージ 1

イメージ 2


船体後部を作ります。

ここは艦首とは違う難しさが有ります。
イメージ 1

後部エレベーターを仮設置します。

前部とは違ってイビツな形ですね。

エレベーターはこの2基のみです。
イメージ 2

↑このページのトップヘ