特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2015年02月

錨甲板の製作に入ります。

まずはエンピツでライン取りします。
イメージ 1

ホースパイプ部分の加工は慎重に行います。
イメージ 2

滑り止めのエッチングパターンを貼ります。
イメージ 3
とりあえず、基本形は出来ました。

さらに作りこみを続けますよ。

ムアリングパイプと呼ばれる穴を空けました。

艦首のど真ん中に開けないといけません。

キンチョーして手が震えます。

やり直しはNGです。

と・・・・いうプレッシャーに打ち勝って・・・。

こうなりました。
イメージ 1

さらに左舷側のベルマウス作りも成功!!

気分が良かったので外板の継ぎ目表現も始めました。

途中経過ですので継ぎ目にはさらに手を入れていきます。
イメージ 2

艦艇ではアンカーリセスという錨を格納するタイプが一般的のよう

ですが、空母に限るとベルマウス型と呼ばれるタイプも多いようで

す。

これは錨が外板を傷つけないようにするための工夫だそうです。

まずは穴を空けていきます。ちゃんと貫通させますよ。
イメージ 1

そのまわりにベルマウスを盛ります。
イメージ 2

まあ、こんなもんかな?
イメージ 3

よし、明日は反対側だよ。

今回の龍鳳は台座へ固定する計画です。

そこで今の段階で固定用のナットを埋め込みます。

まずはナット実寸大の穴を2mmプラ板に開けます。

イメージ 1

大きさを確認します。OKのようですね。
イメージ 2

船底の形に合わせて整形します。
イメージ 3

ナットを入れてみます。
イメージ 4

仮にネジ込んでみます。これまたOKのようですね。
イメージ 5

あとはエポキシでガッチリ固める予定です。

そして同じ物をあと4~5箇所に作ります。

地味な作業ですが大切ですね。

このバルジもプラから削り出す方法を取りました。

フルハルモデルと違って半分だけなので、かえってやりにくいですね。

まずは長いプラ板を切り出します。
イメージ 1

エンピツでラインを決めたら、またまたひたすらヤスリます・・・。
イメージ 2

所定の位置に取り付けますよ。
イメージ 3

なかなか満足です。しかし粉だらけだ。

イメージ 4

オッケ~~~。

では明日は反対側を作りましょう!

↑このページのトップヘ