特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2014年02月

右舷側の細部作り込みがほぼ終わりました。

日本艦と違ってアッサリしたもんです(笑)

手すり等は今付けても確実に折るので後回しです。

次は格納庫内部をもう少し細かく作りこんでいきます。

そろそろ一回目の大塗装が近づいて来ましたね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


出来ました~~。

3つの銃座を結ぶ通路も取り付けました。

あとはこの通路の左右両端にドアを付ければ終わり。

機銃本体は完成直前に取り付けることになりますが・・・。

このスケールの40mmGUNなんて市販品には有りませんから、う~~ん自作することになりそうです。

これは骨が折れそうだなあ・・
・。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


機銃座はこんな感じで三角形を
イメージ 1

3つ作ります。
イメージ 2

これを船体の所定の位置に取り付けます。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

次はここにブルワークを取り付けます。

出来たらまたアップしますね!

左舷側の最大の難関であるガイドレールを仕上げました。

頭の中でのイメージ通りに仕上がったんじゃないかなと満足です。

天井部の梁も何本か通しました。

これで模型全体が、かなりしっかり固まってきましたよ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


まあ、ここが左舷側の一番の難所でもあり見せ場でもあります。

何でこんな意味不明の形をしているのか・・・?

四苦八苦しながらも一部仕上げました。

反対側も頑張りましょう!

まずまずの納得度です~。

まずは実写から。
イメージ 1

まあこんなもんでしょ~。
イメージ 2

イメージ 3





↑このページのトップヘ