特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2011年05月

艦橋前部に有る特徴的な三脚マストを製作しています。
 
が・・・・・複雑すぎんぞコノヤロウ!!  みたいな。
 
こ・・・・こんなに苦労するとは思わなかった。
 
完成度はまだ75%といったところでしょうか。
 
もうちょっと作りこんだらまたアップしますね!
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3

前回の記事ではファンネルがけっこう好評でした。(意外でした)
 
ちょっと嬉しかったりしますので、今回はしつこいですけど作り方の詳細を・・・。
 
まずは縦棒を入れます。中央部分を1.5mmほど浮かせるのが重要です。
イメージ 1
 
そして横棒を2本作って取り付けます。緩やかなカーブはピンセットでしごいて作ります。
イメージ 2
 
極細プラ棒の先を90度で尖らせます。
イメージ 3
 
こんなふうにピタリと合うように何度でもチャレンジします。
イメージ 4
これを4本作って斜め十字になるように取り付けます。
イメージ 5
 
さらに丸い輪っかを作って・・・・
イメージ 6
 
裏から取り付けて完成~~~~!!
イメージ 7
 
ネタが分かってしまうと案外大したことない工作だったりします・・・・。う~む。

煙突の上部の製作です。
 
排煙口は3つのようですね。
 
プラ板への丸穴開けは神経使いますね。
 
コンパスで線を引いて、中心にピンバイスで穴を開けます。
 
あとはひたすらデザインナイフで穴を大きくしていきます。
 
ちょっとでもやりすぎたらアウト!!微妙なサジ加減・・・。
 
つ・つ・疲れた~~!!
 
イメージ 1
 
キャップ部分には丸格子状にプラ棒(極細)をわずかに曲げて取り付けます。
 
あとこれを2つも作らないといけない・・・・。
 
うう~~、面倒だっ!!
 
イメージ 2

塗装は右舷側や裏側にまでおよび、全面塗装がほぼ完了しました。
 
ホーネット最大の特徴である迷彩塗装は再現できているでしょうか?
 
上面は実はデッキブルーが正解のようなのですが、なんか浮いたような感
 
じになって自分としては気に入りませんでしたのでネイビーブルーにニュー
 
トラルグレーを混ぜて作りました。
 
多分実物とは違う色なんですけど、この方が好きです。こんなんで良いん
 
でしょうか?
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3

左舷側の迷彩塗装を決行しました!!
 
前回も書きましたが、左舷側の模様はかなりの部分想像です(笑)。
 
カラーは薄い部分がニュートラルグレーにホワイトとミディアムブルーを適
 
量混ぜました。
 
濃い部分はさらにミッドナイトブルーなどを混ぜて作りました。
 
実際は両者の間にはもう少しハッキリと明度差が有るようなんですが、
 
模型的な部分を考慮して、あえてキツい差はつけませんでした。
 
さて右舷側に突入です!
イメージ 1

↑このページのトップヘ