特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2010年09月

ゆるやか~に、ゆるやか~に作業は進行しております。

最近、やっと地デジテレビ買ったもので興奮してテレビに集中してしまい、作業がおろそかに・・・(笑)

大好きな野球中継を存分に楽しむぞ!と思ったらそろそろシーズンも終了。なんてjこった・・・。

さて赤城の艦橋ですが見張り所(?)の設置と窓穴開け~。

窓は後から透明プラ板を裏から張り付けるワケですが、今回はマントレットを巻き付けようと考えていますので

隠れてしまう窓も有るみたい。そんなところには無駄な努力はしません!!

ああ、側面のパイピングもしないといけませんね。これはちょっとやっかいだぞ・・・。

径の合う真鍮線、買ってこないとね。

それではまた!!
イメージ 1

イメージ 2

外板を張り付けました!!

そして艦橋後部も作ってみました!!

なんか、ちょっと満足っ!!

赤城は前面上部が角面で下部が曲面という、意味不明な形状です。

しかたないのでそれらしくパテを盛って成形して自然に繋げます・・・。

まあ、こんなもんだと思います。(適当だ・・・)
イメージ 1

イメージ 2

さて、話は変わりますがトイデジカメというのを買ってみました。コレです!

イメージ 3

キーホルダーに付ける(ちゃんとカバー付きだよ)タイプの超小型デジカメ。

画素数は30万画素というローテク・・・。

しかし何かこういうオモチャっぽいの大好きなんですよねーー。

高性能のデジカメには逆に写せないような味のある写真が撮れて。

実際に外の風景を写してみました。
イメージ 4

笑っちゃうでしょう

でも・・・なんかええわあ。

ちなみに、お値段はワゴンセールで¥580(爆)


さて、いよいよ製作が始まりました。

さすがに前回のお気楽ペーパー模型のようにはいきません。(笑)

パーツを切り離して、艦橋本体の骨組みを作ります。

ここの出来・不出来が将来を左右しますから大変気を使います。

なんか変な物体にしか見えません・・・。

外板を貼るまでは半信半疑の精神状態が続きます。

う~む。どうなりますやら。
イメージ 1

イメージ 2

いつもは「艦橋 → 飛行甲板 → 艦載機」の順序で作っているのですが今回は完全に逆順になりました。

なんか、すっご~く変な感じ。

というわけで今回は紙でハリボテを作ってみました。全体像を掴むために。

この紙艦橋ですが、45分で作りました。(笑)

こんなに気楽に物づくりしたのは久しぶりです。

切って~切って~セロテープをペタペタ~。あ~楽し。

はっきり言ってメチャクチャ。

そして甲板に置いてみました。
イメージ 1

イメージ 2



ん~~~~いい感じ。

さて、では本格的に製作に入りますか!!

↑このページのトップヘ