特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2010年04月

高射装置を作りました。

小さすぎて大変ですわ・・・

サイズが小さくなるほど、プラ板に掛かる張力が大きくて、きれいな円形を作るのが難しくなります。

この高射装置は目立つパーツなのでかなり気合いを入れて作りましたよ!
イメージ 1

イメージ 2

艦橋トップの防空指揮所を取り付けました。

側面板のテーパー角度が苦労しましたが何とか成功。

ここまで来れば、ちょっと詳しい人なら一目で「飛龍」と分かる段階になりましたね。

さあこれはらは防空指揮所内の細かい作り込みですね!気合い。気合い。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


いくら今回はスケールが小さめといっても、多少は窓から見える部分もありますので、

最低限の装備は作っておく必要があるでしょうね。

というわけで、かなり目立つ双眼鏡を製作してみました。

メチャメチャ小さいです・・・。ピンセットでつまんでも、どっかへ飛んでいっちゃうし。

なんとか内部に仮置きしてみました。いかがでしょう?
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

羅針艦橋部分の製作に入ります。

全体像を見て下さい。大きそうに見えますが、ライターと比べたらこの程度のサイズなんですよ。

けっこう小さい・・・と製作者は感じてしまうのです。

窓枠など歪むと取り返しのつかない部分の製作ですので緊張しますね~~。
イメージ 1

イメージ 2

艦橋基部のコマゴマとしたところを作ってみました。

このあたりは上部構造物が付くと非常に作業がやり辛くなるので今の内に進めておきました。

いよいよ羅針艦橋部分に突入です~~~!!
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



↑このページのトップヘ