特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2010年03月

艦橋基部を少し作り込んでみました。

三角の補強板は144ではさすがに小さく、何枚も失敗しました。

明日からは扉の製作をして取り付ける予定ですよ。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

神戸の新長田までウワサの「鉄人28号」を見に行ってきました。

近くから見上げるとデカい! すごい迫力。

もっと厳重に囲いでもしてるのかと思っていたんですが、全く立ち入りフリー。

足をベタベタ触ってきました。

しかしよくまあ、こんな物を作ったもんだ・・・。お見事。
イメージ 1



ここまでで一旦塗装します。

外板は例によってパネル状にして情報量を増やしています。

次は窓穴に裏から透明プラ板を張り付けて、裏側を黒く塗る作業に入ります。

少しづつ飛龍の形が見え始めましたね。
イメージ 1

イメージ 1

イメージ 2

艦橋の基部を作りました。

手順はいつもの通りです。

こういう骨組みは後で見えなくなってしまうので、見るなら今の内です。しみじみ。

窓穴を開ける位置に骨組みが来ないようにするのが少々面倒です。

でも横着すると後で散々な目に遭いますので慎重に!ですね・・・。

イメージ 1

ちょっと形を作ってみました。

今回のテーマは「コンパクト感」ですので飛行甲板のカット範囲は最低限としています。

ん~~いい感じ!

甲板脇の側溝も作ってみました。

しかし3月はいろいろと忙しいですね・・・。

頑張ろう。

↑このページのトップヘ