特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

2009年03月

イメージ 1

イメージ 2

翼端の折りたたみ以外はこれといってこだわることも無く、ほとんど素組みでサッと仕上げました。

あとは翼端灯の塗装くらいでしょうか。(塗料が無かったのだ!)

そして甲板上に仮に置いてみました。

雰囲気が出てきましたでしょうか?

イメージ 1

零戦の翼端の工作です。

僕の技術ではこれが限界です。

これ以上、手を入れようとしたら取り返しがつかなくなりそうで。(破損とか・・・)

決して満足はしていませんが、まあ最低ラインはクリアかな?

イメージ 1

イメージ 2

さて、艦載機編に突入です。

このキットはハセガワ製ですが、パーツの合いが良いとはいえません。

まあ、飛行機がメインではないので、それほど神経質にはなりませんが、目立つ所は修正しました。

そして、さんざん悩んだ翼端部分ですが思い切って切断しちゃいました。

もし折りたたみの再現に失敗したら全損ですよ~~。お~~怖・・・。

やっぱりフツーに素組みしたほうが良かったかな???。

イメージ 1

イメージ 2

メインマストのデティールアップをしてみました。

それにしてもハシゴの製作は辛かったです。

艦橋部分はマストも含めて、ほぼ99%仕上がりました。

あとはちょこちょこ微修正をするだけです。

さて、艦載機はどうしましょう???

イメージ 1

イメージ 2

艦橋と飛行甲板を繋ぐ前後のラッタルを作りました。

これで完全に繋がりました。

しかしこの前部のラッタルの製作は困難の山でした。

手すりは特にオール現物合わせのため、やり直しの連続・・・。

ん~~やっぱり甘くないな。

↑このページのトップヘ