珍しく1日に2度目の更新です。

応急舵を作ります。

その前に応急舵について少しだけ記します。

舵が故障して使えなくなった時に艦の後ろに流して一時的に艦の進行方向を維持するための物です。

製作はエバーグリーンのスジ入りプラバンを使います。
イメージ 1

木製の舵に金属フレームを取り付けて完成させます。
イメージ 2

問題はその格納位置です。実はその位置は艦によってまちまちのようです。

前作の天城と同じ左舷後方ではちょっとスペースが狭く位置としては不自然です。

資料でも「同型艦でさえ位置が違うので、造船所サイドで決めたのであろう」と記しています。

模型の伊吹の造船所は「私」ですから、ここは私が場所を決定します!(笑)。

そこで参考にしたのが空母「千代田」の格納位置です。

千代田では飛行甲板の裏側に吊り下げられています。

なるほどこれなら場所は取りませんね。

よし、これでいきましょう(笑)。

というわけで早速取り付けました。
イメージ 3


しかし・・・・これは下から覗いてくれなければ誰も気がつかないなあ・・・。(苦笑)