ジャーマングレーによる下地塗装を始めました。

かなり作り込んでからの塗装ですので塗料の入りにくい箇所もあり、けっこう手間が掛かりました。

その塗料の入りにくい箇所に丹念にジャーマングレーを入れることで、その後の本塗装の時にシャドーとなって塗装が立体的になってきますから手は抜けません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

これでキット利用の巡洋艦の船体と自作した上部構造との見分けが全くつかなくなりました。こうなってくるとさらにモチベが上がります。