繰り返しになりますが今回の船体は1/350巡洋艦「三隈」を使用しています。

ただ、そのまんま使えるかといえば決してそうではありません。

この船体を伊吹として使うためには次の4点の修正が必要です。

① 魚雷発射管の開口部の穴埋め

② カタパルト基部の切削と穴埋め

③ 全ての舷窓の穴埋め

④ 艦載艇甲板の拡張

以上の4つの工程が全て完了しました。

イメージ 1

イメージ 2

ここからは格納庫部分の工事に入ります。

全面壁の位置が決まりました。
イメージ 3

先は長いなあ・・・。