今日はほんとは船体塗装をしたかったのですが・・・。

雨が強くて断念しました。

そこで後回しにしていた主錨を作りました。

米海軍はこの「バルドー型」というタイプの錨を代々採用しています。

プラで再現出来そうなのでやってみましょう。

まず台の部分を切り出します。

飴玉を包んだような形を想像すると分かりやすいです。
イメージ 1

底の厚みを表現します。クラウンと呼ばれる部分です。
イメージ 2

爪を2本作ります。左右対称ですので慎重に削りだします。
イメージ 3

この爪を横から見ると「厚み」と「くびれ」がハッキリしています。

必ず表現しておきます。
イメージ 4

爪を取り付けます。ゆがみに注意です。
イメージ 5

真ん中にシャンクを取り付けてアンカーホールに差し込んで完成です。
イメージ 6

左右対称に気をつけながら2個目も取り付けて終了です。
イメージ 7

レキシントンは先端にも3つ目の錨が有るのですが、これはチェーンを出して海面に落とす予定なので製作しません。

手間が省けて助かります(笑)。