空母模型の見所の一つ、飛行甲板の裏側製作に掛かります。

非常に手間の掛かる作業なんですが、大鳳の場合は艦首側はエンクローズドですので、作業は艦尾側だけとなります。ラッキ~!

まず大きな梁とクレーンレールから取り付けます。これが基準となります。
イメージ 1

ここからは修行のような作業です。

0.5mmプラ板に穴を開けていきます。
イメージ 2

これを幅2mmで切り出します。
イメージ 3

そしてあとは現物合わせでカットして平行に取り付けていきます。
イメージ 4

まだまだ作業途中です。

完成したらまた更新しますね!