乗りかかったフネとでも言いましょうか、艦尾左舷側を集中的に作り込んでいます。

まずは救命浮標を作ってみます。

フレームを0.3mmプラ棒で作ります。
イメージ 1

塗装して仕上げます。

赤帯はさすがにフリーハンドですのでこの程度が限度ですね。
イメージ 2

取り付けましょう。

艦の後部に設置することが多い装備です。
イメージ 3

さらに一気に艦尾左舷側の作り込みを進めます。
イメージ 4

クレーンや舵柄信号、天井梁の追加など・・・。
イメージ 5

見上げてもなかなかサマになってきましたよ。

後部銃座に3連装機銃を取り付けないといけませんね。