龍鳳は軽空母ですが、それでも発動機調整所は確保されています。

今日はその発動機調整台を1基作ってみました。

まずはフレームからです。
イメージ 1

組み合わせて車輪を取り付けます。
イメージ 2

さらにハシゴとマウントを取り付けて台車は完成です。
イメージ 3

エンジンとペラを取り付けるとこうなります。
イメージ 4

ホワイト模型では分かりづらいでしょうか?
イメージ 5

エンジンの直径は約3mmです。加工はけっこうツラいです・・・。
イメージ 6

船体にはこんな感じで取り付けることになります。

あとこれを2基作らないといけません・・・ぐわーーーー!!
イメージ 7

塗装が完了したらまたアップしますね!