さて、飛行甲板の製作を進めます。

複雑な迷彩を表現するためにまずは同じ大きさにカットした0.5mmプラ板にエンピツで下書きしました。
イメージ 1

仮置きしてみました。こんな感じで良いでしょうか???
イメージ 2

そして本体の飛行甲板の下地塗装です。

ワンパターンのジャーマングレーにダークアースを上書きします。
イメージ 3

先ほど作ったプラ下書きに沿ってカットします。

そしてそれを使ってマスキングします。

で・・・塗装本番です。
イメージ 4

2色目を乗せていきます。
イメージ 5

作業を続けていきます。

そしてほぼ仕上がりました。
イメージ 6

疲れました・・・。
イメージ 7

イメージ 8

今度は白線を引かなければいけませんが、これが地味に難しいんですよ・・・。

ああ、プレッシャー・・・。