次の機種は艦上攻撃機「流星改」です。

この機は攻撃機ですが設計の段階から爆撃機としての運用も兼ねていることから、今回は彗星3機と組ませて合同爆撃隊とします。(笑)

しかし名前が良いですね。
流星ですよ。ながれ星ですよ。しかも改ですよ!ん・・・?

ただこれを1/300でスクラッチしようとするとかなり難しいワケで・・・。

まずは例によって骨組みを切り出します。

しかし流星は逆ガル翼ですので指定の位置でカットします。
イメージ 1

そして組み立てます。
イメージ 2

ここからはパテによる肉付けです。

今回は硬化までに時間が欲しかったので100均ではなくタミヤパテを使いました。
イメージ 3

いい感じになってきたので一気に詳細部を作り込んで完成させました。
イメージ 4

あ・・・尾輪が取れてますね。この後修理しておきました。
イメージ 5

流星改は爆弾については胴体内に格納するそうですよ。
イメージ 6

真上から見るとこうなります。

ヤバい。カッコイイです。
イメージ 7

胴体よりもエンジンカウルがかなり細いのが分かりますか?

これを表現するのが難しかったんですよ。
イメージ 8

自分が思っていた以上に仕上がりました。

とりあえず1機塗装して仕上げてみましょう。

またアップしますね!