空母の場合、その形状の特殊性から缶室吸気路は舷側に設置しないといけません。

龍鳳の場合はここに有りますよ。
イメージ 1

さてこれをどうやって作るか悩んだのですが、結局はまたまたプラ積層の削り出しというワンパターンで・・・。
イメージ 2

まず一個作ってみました。

本当はこれを「おゆまる」であと3個パテで複製すればヒジョーに楽なんですけど、全て幅が違いますのでそういうわけにもいきません。

で・・・作りましたよ、4個・・・。疲れた。
イメージ 3

分かりにくいので立ててみましたが実はこんなにヘンテコリンな形なのです。
イメージ 4

下は1/700のプラモです。やっぱり大きさが全然違いますね。
イメージ 5

いよいよ取り付けです。

おお~~~、けっこう良いかな?
イメージ 6

さらに試練は続くのでありました・・・。