1/350 空母「蒼龍」製作記

昨日から船体塗装に入っています。

今日は左舷側の塗装を行いました。

IMG_3694

IMG_3696

IMG_3697

IMG_3699

IMG_3701

IMG_3702

ここからは裏側の塗装です。

色が乗ることで陰影がクッキリと浮き上がってきます。

IMG_3703

IMG_3704

IMG_3706

IMG_3708

そして喫水線に艦底色を吹きました。

IMG_3715

この赤が入るだけで模型にアクセントがつきます。ベースに取り付けて海面を作るとジェルメディウムに隠れてわずかに見えるだけになってしまいますが、それがまたリアルで好きなんです。

さらに船体全体に「汚れ」を入れていきました。

タミヤの「ウェザリングマスターBセット」を使います。

mono72075657-171117-02
このツールは上手く使うと多彩な表現が出来ます。筆と塗料によるウェザリングがちょっと大げさに感じる場合にはこのセットを使う事で自然な感じに表現できるようになります。

AFV模型でその効果を最大に発揮するものだと思いますが、艦船模型にだって十分に使えます。

このBセットの3色だけでもこれくらいまでは表現できますよ。

IMG_3734

ベタ塗とは違って広い面に使い込んだ表情が出てきます。

あとは部分的にサビを入れれば完了ですが、これはもうちょっと先に行います。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。