特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

1/350 空母「蒼龍」製作記

艦首を作っています。

ここからはひたすら根気仕事です。

まずこれは昨日の最終状態です。
IMG_4888

ここから肉付けをしていくわけですが、簡単に言えばこの空白部分をプラバンで埋めていくという作業になります。

そして今日、あまり時間が取れない中ここまでは何とか進みました。

1mmプラバンをどんどん重ねていっただけです。

IMG_4889
今日の成果は12mmです。

もちろん反対側も同時に進めていきます。
IMG_4890
もうお分かりだと思いますが最後までいったらはみ出している部分をリューターとサンドペーパーで削って整えていくということです。

当分はこの作業になります。そのためちょっと更新は止まるかもしれません。

どうぞよろしくです。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

1/350 空母「蒼龍」製作記

それではいよいよ艦首部分の製作に入ります。

蒼龍の艦首は日本空母の中でも屈指の美しさを誇ります。

この反り上がる曲線美をどのように表現するか?

これが今回の蒼龍製作の中でも私が考える中でも最大のポイントになるのではないでしょうか。

まず、これがスタートラインです。

IMG_4885

中央に艦首ラインを切り出した1mmプラバンを立てます。

なかなか奇麗なラインが出ていると思います。
IMG_4887

上から見るとこのようになります。
IMG_4888

これで艦首の基本部分は出来ました。

ではここからどのように艦首を仕上げていくか、どうぞ見守ってください。

何度経験してもこれは至難の業として私の前に立ちはだかる壁なのです・・・。(笑)
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

1/350 空母「蒼龍」製作記

左舷側の外板貼りも終わりました。

IMG_4880

IMG_4881


最上甲板の図面を置いて確認です。

IMG_4884

今のところ問題ありません。

ではいよいよ前半部分の最大の難関、艦首作りに入ります。

この赤丸の部分です。
IMG_4879

さすがにここはプラバンを貼り合わせる方法では不可能です。

さあ、ここが勝負です。気合入れて作ります!
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

↑このページのトップヘ