特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

先日完成した「詫間海軍航空隊」の二式水戦ジオラマに関心を持っていただいた方に「時間が有れば二式大艇でやりたかったんですよね」と申し上げたところ・・・。

「作らないからこれでよかったらあげるよ」と、こんなキットをくれました。

1

   アリイの1/144「二式大艇12型」です。

こんなものをもらったらもう「ありがとう」だけではすみませんよね。

これはイコール「作れ!」ということなのでしょうから・・・。

というわけで毎日の製作のメインは1/350「千代田」ですが、作業の終わりに15分間だけコツコツと作っていました。

そして破損が怖いごく一部の細かいパーツを除いてほぼ完成しました。

2

パーツの合いは良いとは言えませんでしたが、そこはもうあまり気にせず強引に組みました。

3

腹の部分をかなり平らに削っているのが分かりますでしょうか?

そうこれもジオラマにするための下準備なのです。

4

機種にはレーダーアンテナのようなものが数個必要なのですが、細かくて折れそうなのでこれはジオラマ化した後、最後に取り付けることにします。

5

尾翼の部隊番号にご注目ください。

T-28・・・これは詫間海軍航空隊所属の28号機です。

有難いデカールが付属していましたので迷わず選択しました。

6

先日完成した作品と並べてみます。

二式水戦との大きさの違いに驚きますね。

やはり空飛ぶ戦艦・・・大きいです。

今後はこの二式大艇を使ったジオラマ作りをしていきます。

まあ、千代田がメインですのでゆるゆるの進行にはなりますがどうぞお楽しみに。

うへ・・・・。

4日連続の夜勤は・・・・さすがに疲れる・・・。

というワケで毎日製作は頑張っていますがなかなか思うように進みません。

一応、艦首はこんな感じでゆっくり進行中。

IMG_2298

飛行甲板支柱が付きました。

これはまた飛行甲板とのマッチングが難しいんですよね。   

少しづつですが作り込みを進めていきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、画像がこれだけでは寂しいのでもう一枚。

5631bbb2

    これは今から14年前の2006年・・・。


初めてフルスクラッチで完成までこぎつけた作品です。

1/144 瑞鶴の中央構造部のカットモデルです。

オールプラバンなのでは今と同じですが、なにしろ14年前です。

技量も知識も参考となる作例もほとんど無い状態で、全て独学の手探りで作った物です。

今から見るとやはり作り込みが甘い(笑)。

それでも・・・完成した時の感動は今よりも大きかったかもしれないなあ。

懐かしすぎる。

本題の前に、模型仲間で友人の「屋根裏部屋の男」さんが先日私が作った「詫間海軍航空隊」ジオラマについてブログ上で語ってくれています。
宜しければ是非お読みください!

     コチラ

では今取り組んでいる空母「千代田」の艦尾をもう少し作り込みます!

まずこんな形を切り出しました。
IMG_2281

スクラッチには現物合わせが付き物とはいえ、この形を決めて切り出すのに4回かかりました。

で・・・このように取り付けます。

さらに艦尾に集中する装備の名称をサクっと並べておきます。

IMG_2284

角度を変えてみてみます。

IMG_2285

手前の広い空白域は艦載艇格納所です。

ここには後日、艦載艇を並べますよ。

IMG_2286


もう少しで艦尾の作り込みは終了ですね。

↑このページのトップヘ