350 ほーねっと

艦橋の基本塗装は終わりました。

マスクゾルを使って塗り分けましたが、マスクが不完全な部分やゾルを剥がす時に塗装が剥がれたりハシゴパーツが持っていかれたりしました(汗)。

そういう部分はまた明日面相筆でタッチアップしたり、新たにハシゴパーツを取り付けたりしないといけません。

ただマスクゾルを使っての塗り分け自体はまずまず自分のイメージ通りに出来たのではないかと思います。これでとてもホーネットらしくなってきました。


IMG_4156

IMG_4159

大物の塗装はあと飛行甲板だけになりましたが・・・これがまた手が掛かりそうですよ(笑)。

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いします。

350 ほーねっと

飛行甲板に関しては裏側がヒジョーに気になりました。

キットはこのように処理していたのですが、まずこれは艦首側の飛行甲板裏です。

1

これはあまりにも省略し過ぎですので思い切ってキットパーツは破棄してプラバンから自作しました。

それがコレです。

IMG_4127

実はこれでも若干省略しているくらいです。でも1/350での自作では私にはここが限界でした・・・。

今日はこの飛行甲板裏を塗装しましたよ、こうなりました。

IMG_4133

色が乗ると立体感が掴みやすくなりますね。

現在艦首はこの状態ですが・・・。

IMG_4139

塗装した飛行甲板を乗せるとこう変身します。

IMG_4141

IMG_4142

やっぱりキットノーマルとは格段に情報量が違ってきますね。

次に艦尾側です。

艦尾側の飛行甲板裏も同じようにプラバンで全作り直ししています。

IMG_4128

こちらも今日塗装しました。

IMG_4135

そしてこのような艦尾側も・・・。

IMG_4145

こうなります!!

IMG_4151

次はいよいよ艦橋の塗装に入ります。

いっぺんには出来ないと思いますので何度かに分けての更新になると思います。

それでは!!

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いします。

350 ほーねっと

ず~~と艦首付近はこの状態で放ったらかしだったのですが・・・。

58356d4e

いつまでもこのまま放置というワケにもいきませんので艦首の走行波を作っておきます。

今回は粘土を使ったカンタンお手軽な方法です。やってみたい方は是非どうぞ。短時間でそこそこの効果を出すことが出来ますよ。

まず「ハーティーソフト」という粘土を一つまみ取ります。

IMG_4092

これを指で伸ばします。

IMG_4093

走行波っぽくカッターで切り出します。

IMG_4094

適度にヒラヒラを作っておきます。餃子じゃないですよ(笑)。

IMG_4096

これをドライヤーで乾かすとあっと言う間に固まります。

IMG_4098

ここで取り付け位置にセット(仮)して大きさや形を調節します。

IMG_4101

問題なければタミヤのテキスチャーペイント(雪)を筆で塗りつけて表情を加えます。

IMG_4108

あとはこれを取り付けて水で溶いたテキスチャーペイントでなじませていけば完了です。

IMG_4116

後方から。

IMG_4117

もう少し広範囲で。

IMG_4119

IMG_4125

どうでしょうか?

もう少し調整が必要ですが、粘土でもこのくらいの表現は出来ますよという一例です。

まあ・・・一見走っているように見えればOKだす(爆)。

000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いします。

↑このページのトップヘ