特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

1/350 空母「蒼龍」製作記

今日は時間があまり取れませんでした。

そんな中、少しでも進めておきたいとちょっとだけ時間を捻出しました(笑)。

で、ここからは舷側壁を立てていきます。

とはいえけっこう窪んだり膨らんだりと起伏が多いので図面をよく確認しながら進めていきます。

今日はここまで進めました。
IMG_4982

IMG_4983

上の画像の赤丸部分は「給薬室」となります。左舷側にも同じ設備が有りますが右舷側の方が大きいようです。

この段階はどんどん形になっていきます。変化の大きな時期ですね。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

1/350 空母「蒼龍」製作記

本日から蒼龍に戻ります。

頭の切り替えが大切ですね。

先日は艦尾に手を入れましたので今日は艦首側です。

まず、これが現状です。
IMG_4976

ここは日本空母によくある「U」字型になっています。(ちなみに伊吹の場合は工事の簡略化のため、このままでした・・・。)

それでは高さを出していきましょう。

IMG_4977

ここからがちょっと難しいです。

プラバンに癖をつけて丸めますが、両端の接続部分は垂直と斜めの組み合わせになっています
(上の写真の赤線部分)。

丸めたプラバンの両端をこの赤線部分にぴったり重なるように処理して取り付けます。
IMG_4979



何とかうまくいきましたね。

反対側も見てみます。
IMG_4980

ここも難関箇所の一つでしたので、一応クリア出来てちょっと安心しました。

ちなみに参考までに今日作った部分は実艦では「艦長寝室」「司令官室」「航海長室」など要職の人の部屋が集中する非常に重要な部分です。

ここに直撃弾を食らったらヤバいという事でしょうか・・・。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。




今日も1/700瑞鶴の続きです。

左舷側のスポンソンを取り付けていく作業です。

ここはキットのパーツを尊重して自作はせず、そのまま使います。

で、これがキットパーツの裏側なのですが・・・。
1

これは・・・ちょっとアッサリし過ぎかなと感じましたので・・・。

まず、ブルワークを全て落として0.3mmプラバンで新規製作。エッジがシャープになりました。
IMG_4960



さらに気になる裏側には同じく0.3mmプラバンで補強構造を追加しておきます。
3

また、この高角砲スポンソンの裏側補強ですが、これは大幅に形状が違うようです。
4

そこで一旦削り落としてプラで新設しました。
5

今回の作業はここまでです。

また今週末までお預けとなります。

明日からはまた蒼龍に戻ります~。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。











↑このページのトップヘ