初めての1/350キット製作を楽しもう

オリックスバファローズの能見投手兼任コーチが現役を引退されました。

今日の試合で最後の登板をして見事に安田選手から三振を奪いました!

キャプチャ

まだまだやれそうなほどの素晴らしい球を投げていましたね。

でも試合後のセレモニーでは涙もなく清々しい表情でした、やり切ったと・・・。

能見サン、オリックスに来てくれてありがとうございました!
これからはコーチとして期待しています、お疲れさまでした!!

さて、熱戦を見ながらの作業でしたので今日も大きな進展は有りません(笑)。

でもこのように車輪止めを15機分作って塗装して取り付けましたよ!

IMG_5762

久々に全景です、どーーぞ(笑)!

IMG_5764

さて本格的にフィギュア製作に入りますか~~。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

初めての1/350キット製作を楽しもう

艦載機がすべて完成しましたので飛行甲板上に並べてみました。

格納庫内の1機を除けば飛行甲板上には15機です。

IMG_5755

停船中ですので発艦シーンではありません。臨戦態勢がお好きな皆様には申し訳ないです(笑)。

IMG_5756

今後は整備兵を適所に配置していきます。飛行甲板上での最終整備の様子を表現出来れば良いなあと考えています。

IMG_5757

今回の隼鷹は架空の設定です。昭和20年5月~6月にこのような状況は考えられません。

どうしても全身迷彩尽くしの隼鷹にしたいためにこのような状態になりました。ですので機種は何を置こうが自由ですので偵察用に97艦攻を2機ほど置いても面白いという思いは有るのですが・・・。

あんまりたくさん載せてもせっかくの飛行甲板迷彩が隠れてしまうという「迷彩あるある」になってしまうのが悩みどころですよね(笑)。

IMG_5757

やはり航空母艦の模型には艦載機を置かないともったいないですね。

史実無視と言われようがやっぱりここは模型ですのでお許しいただきたいです(汗)。

IMG_5758

それでは最後の作業になりますがフィギュアの製作に入りましょう。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

初めての1/350キット製作を楽しもう

あと3機、彗星艦爆を作ります。

前半の3機はプラキットのプロペラを削って薄くする方法をご紹介しました。

対照的に今回の3機は新たにプラバンから作り出すという方法をご紹介します。

まず0.3mmプラ板の細切りを薬3mmの長さで切り出します。

IMG_5688

これをピンセット、デザインナイフ、ペーパーを駆使してプロペラ翅の形に整えます。

IMG_5689

同じものを3枚作ってスピンナーパーツに取り付けます。

この時、3枚の位置関係には十分注意します。

IMG_5693

この作業を繰り返して3機とも仕上げます。

IMG_5698

「プラバンのプロペラってキット加工よりも劣るだろう・・・。」

と、思うなかれ(笑)。

塗装すればこの通り、まったく遜色のない仕上がりになります。

IMG_5704

IMG_5710

今回彗星は合計6機作りました。

そのうち2機はこのように窓枠をオープンにして後部機銃を取り付けて変化を出しています。

IMG_5714

これで総勢15機が完成しました。(すでに格納庫に1機収めているので正確には16機です。)

IMG_5717

いかがでしょう?やはりメーカーは混在よりも一社(ハセガワ)で統一して正解でしたね。

IMG_5723a

それでは次にこれを正式に飛行甲板に並べて固定していきますよ!!
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

↑このページのトップヘ