特選空母

日米を問わず、海戦の花形「航空母艦」を主にプラバンからフルスクラッチで作ります!

両舷の迷彩塗装に入りました。

マスキングは大変ですが丁寧に行えばそれなりに効果は出てきますね。

今回使ったのはピットロード日本海軍対潜迷彩色セットです。
51mD8MJniAL._AC_SX385_

実はある方からの贈り物なんです。せっかくいただきましたのでありがたく使わせていただきました。

感謝しています。ありがとうございました。

・・・・でこれがその結果です。
IMG_2843

IMG_2844

今までの色目とはちょっと違うテイストです。

しかし、これはこれで新鮮な感じがして気に入っています。

次に艦底色を差していきます。
000





人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。


展示会も終わりましたのでまた気合を入れて製作に戻りますよ。

本日はジャーマングレーでの下地塗装です。

その前にプライマー処理も行っています。

IMG_2821


IMG_2822

これでキット部分、プラ板自作部分、エッチング部分の判別は出来なくなりました。

ここからは対空対潜迷彩塗装に移ります。
000






人気ブログランキング参加中です。宜しければクリックお願いいたします。

では続きですよ。  その1に戻る

こちらは常連となりましたシブチョー石井さんのカーモデル。

古いキットをあーしてこーして仕上げていくそうです。

シンナー風呂は健在のようです。

ishii001

そんなシブチョー石井さん、渾身の作は車・・・ではなくエアコンモデル(笑)。

ishii002

ちょっと暑かったのでスイッチオン!

なんか・・・微妙な風が吹いてきました(爆)。

で・・・今回唯一の鉄道模型。キハ52型

ゲスト参加の新海様の持ち込み作品です。

いい味出してますね。車体はボール紙からのスクラッチだそうです。凄い!
kiha52

さてさて今年もやってきました、私のお師匠さんでる友井師匠(右側)
tomoi001

毎年少しづつ変貌を遂げる1/200 スクラッチ巡洋艦「三隈」!!
tomoi002

今年はさらに進化。完成度95%だそうです。ほとんどのお客様の目をくぎ付けにしていました。

やはり作り込みの度合いが変態的です。なにもここまで・・・というレベルですよ。
tomoi003


そんな友井師匠、今年も持ってまいりました公式図面(笑)。

これは1/100空母「飛龍」と巡洋艦(なんだっけ?)の図面です。
tomoi004

みんなで寄ってたかって「これ何?」みたいな・・・。
tomoi005

あまりにデカすぎて1/100が実感しづらいので高身長のエーギル君に寝てもらいました(爆)。
tomoi006

「これでけんちっくさんの新作が決まったな」とあちこちから声が出ますがとんでもありません。

1/100の空母「飛龍」とかどうやって作れと・・・。

「まず家を買わないと」「無理なら作業小屋を建てないと」「運ぶのに大きな車も買わないと」「ヤマトさんのハイエースなら車の中で作ってそのまま運べるぞ」などと皆様から忌憚のない意見をいただきまして(訳:無茶苦茶言いやがって)ちょっとその気にならなくもありませんでしたが(笑)。

まあ、いずれ1/350くらいで作るときにお世話になりましょうか。(現行キットが有るけどなあ・・・)。

さてついでに私の持ち込み作品を・・・。

まず1/700 解体隼鷹

tos001

新作1/350 空母千代田 フルスクラッチ

tos002

製作中の1/700 雲龍 フィリピン輸送作戦
tos003

1/144 詫間海軍航空隊 二式水戦と二式大艇
tos004

んで、こちらがヤマト総裁の大和(1/450)

あえて無塗装です。本来エッチングで補うべき部分をすべてプラ棒などで再現してます。

プラ棒が白なのでエッチングの金色よりもお上品です。
yamato001

そして1/700戦艦群。

機銃、対空砲フル装備の大和のようなのは「浮沈戦艦 紀伊」がモチーフだそうです。
yamato002

そしてこれがヤマトさん所蔵のレアキット群。

お客様には自由に箱を開けて楽しんでいただきました。

せっかくどれでも1個100円って言ったのに誰も信じてくれませんでした(笑)。
yamato003

こうして二日間の展示会は無事に終了しました。

最後は会場の神戸館で時間の取れるメンバーさんで打ち上げです。

今回の総括や来年への抱負など・・・・の話は一切無く・・・。

1/1戦艦大和の艦橋を作ってそこに住んだらどうなるか?などのおバカ話などで盛り上がって終了です(笑)。

それにしてもこのスイーツは最高でしたよ。めっちゃ美味いと超えていました。

エーギル君はよほど気に入ったのか二日連続で食ってました・・・。

皆さんまた来年も頑張りましょう。

かれー2

最後になりますが、今回なんとか無事開催できましたのも、ご来場いただいたお客様の感染症対策へのご協力があったからこそだと思います。出来ることには限りがあるかもしれません。コロナウイルスの拡大も先が見えません。来年またどうなるのか状況を見ての判断になると思います。今回の開催で反省すべき部分は反省し来年に活かしたいと考えております。

↑このページのトップヘ